最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

カテゴリ: 幹部研修

 11月17日(水)の幹部研修は、高知商工会館にて18:30より、社団法人倫理研究所 参与 戸田徹男氏に「天職に一生を捧げよ」というテーマで講和をして頂きました(参加者役員12名)。



20101117a.jpg 戸田氏は、1945年熊本市の生まれです。父は商売をしていましたが失敗し、その後父は行方不明になりました。4人兄弟は、母の手で苦労を重ねて育てられました。


 1965年に倫理研究所へ入所以来、月刊誌『新世』の編集長、法人局長、総務局長、制作局長を経て、2010年9月から現職の参与となっています。
 「自分の仕事を誇りに思えない人は不幸です。初めて仕事に就いた時の感動・喜びを忘れてはなりません。」
 「人は常に、現在の一瞬に生きています。その他に我はなく、これを外にして人生はありません。今日働かねば、働く時はありません。今楽しまねば、楽しむ時はありません。現在の一瞬を、最大に働きぬく、最高に楽しみぬくことが必要です。」
 『天職』という言葉を、倫理研究所の創始者である丸山敏雄氏はこう述べています。「『はたらき』の目標が決まり、軌道に乗った、これを『職業』という。職業がその意義に徹し、これを楽しむとき、これを『天職』という。」
 「仕事を変えるのがいけないわけでない。ただし、いま現在の自分に与えられている仕事を天職と思えない人が、これからもっとふさわしい仕事と出会えるのかどうか。」(丸山敏雄伝より抜粋)

20101117b.jpg 最後に「顧客や株主も大事ですが、社員とその社員の家族の永遠の幸せを実現するための活動を追求する会社は、その経営者の元で社員は寝食を忘れて働きます。すべて根底に倫理があります。」と、力強いお言葉をいただきました。


 幹部研修の後は、戸田氏を囲んで懇親会を開催しました。
 多くの方の参加を頂き、最後まで時間を忘れて交流を深めることが出来ました。
 本当にありがとうございました。


文責 久万田 昌弘



20100628d.jpg 6月23日(水)の幹部研修は、高知商工会館にて18:30より、法人スーパーバイザー 前原幸夫氏(岡山県倫理法人会 相談役)に「習慣を変える」というテーマで講和を頂きました(参加役員15名)。


 前原氏は、昭和55年に税理士試験に合格。昭和60年6月1日に独立開業して25年、代表社員を務める税理士法人久遠は、現在、30人の社員を抱える岡山でもトップクラスの規模を誇る会計人集団となっています。


 研修では、「気づいたらすぐする」「本気なら言葉に出して言う」ことの大切さを学びました。
 私達はいろいろなことを心配しています。まず、心配するくせを除くことが大事です。心配するくせを除く実践とは、「気づいたことを何の躊躇もなく、直ちに行動に移すことです。これを一貫してやっていると自然に心配するくせが消えてゆくものです。」



20100628e.jpg また、口から出た言葉は、現実化していきます。口先ではなく、心情のこもった言葉を遣うこと。言葉を軽視してはいけません。
 「悪かった、とどんなに反省しても、それだけでは本物ではありません。その思いを"口から声に"発することが大事です。」


 「私達は、いろいろなカラがついているため、本来の自分でないものを他人に発信しています。ほとんど無意識にやっている習慣を変えていくこと。あたりまえのことをあたりまえに決心、覚悟して習慣を変えていくこと。倫理は実践によってカラをはがしていきます。」と、力強いお言葉をいただきました。


 幹部研修では、倫理経営の真髄を学ぶことができます。また、役員のみが参加できる役員の特権です。積極的に役員になっていただき、幹部研修に参加しましょう。


 研修の後は、グラッツェミーレにて前原氏を囲んで懇親会を開催し、本格的なイタリアン料理を楽しみました。
 遠路はるばる岡山県よりお越しいただき、本当にありがとうございました。


 



20100628f.jpg


文責 久万田 昌弘



091216_kanbu_kensyu_01.jpg12月16日の幹部研修は、テーマ「丸山敏雄の読書と趣味」担当講師は社団法人倫理研究所 上村國喜法人スパーバイザーです。


丸山先生は「良書は古人の生きた霊として尊敬すること」と言い、実践されたのです。寸暇を惜しみ読書をし、その本は3580冊にも及びます。そしてその一冊一冊を丹念に精読し、読後の感想記されています。

091216_kanbu_kensyu_02.jpg 倫理は実践がなければ意味がありません。上村先生も倫理34年続けてこられ、実践してきた方とそうでない方と大きく開きができるということをつぶさに見てこられたそうです。倫理を素直に実践し続けることで、子育てにおいても、ほったらかしでも全く心配がないと、実体験をお話いただきました。
 また、上村先生の出身地である新潟県長岡市に伝わる有名な「米百表の精神」
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/bunka/komehyaku/kome100.html
のお話をしていただき、食えないから勉強するんです。大不況だからこそ勉強しましょう。倫理法人会の会費1万円をケチってどうするんです。この1万円を社員のために使おうという社長でなければならないでしょう。この1万円を1億にも10億にでもなるように投資して欲しいと熱く語っていただきました。


091216_kanbu_kensyu_03.jpg 倫理は続けることが大切です。丸山先生は、読書をして素直にその通りを実践しその確かなことを証明しておられます。私たちも、せっかく出あったこの倫理を、焦ることなく、一つずつ、休んでもいいけど辞めないで続けていくことが大切ですね、と結んでいただきました。


文責 藤田 和彦


091216_kanbu_kensyu_04.jpg


 


11月11日、高知商工会館にて高知市倫理法人会 幹部研修を開催いたしました。
講師は倫理研究所法人局から普及本部長の中西浩氏にお越しいただきました。
(参加者総数22名)


■信に生きる


091111_193330.jpg倫理研究所 創設者 丸山敏雄の生涯を通じて「信」とは何か?という非常に深い講話をしていただきました。


また、戦前戦後におけるさまざまな思想や宗教について、どのように始まり広がっていったのか。その活動内容や布教手法について色々なお話を聞く事ができました。
これらは現代社会の会社経営を行っていく上でもとても参考になる事例ばかりでした。


091111_190108.jpg 
091111_183800.jpg



「一つの物事を徹底的に掘り下げていくと、いろいろなものが見えてくるんですよ。」
という言葉が印象的でした。


091111_183742.jpg



DSCF7741.jpg(倫理法人会で学んでいる「万人幸福の栞」)
「この栞は誰が見てもわかる内容ではあるが、浅いところで読むのか又は深いところで読むのか。
それによってこの栞は全く違うものになる。
この栞に書いてある事を読んで、恐ろしい事を書いているなと感じられるようになったら、やっと最初の入口に立ったという事じゃないかと思います。」と、話されていました。


文責 川島一寛



yakuin090805-1.jpgテーマ「自分が変われば(全一統体の原理 被我一体)」
担当講師 社団法人倫理研究所 法人局中国四国方面 副方面長 松本真志(マツモトマサシ)氏


 純粋倫理は頭ではなく、実践(行動)なのです。やってみると結果がわかるものです。
 経験から「こういうものだ・あの人はこういう人だ」と思い込んでしまっていませんか。
 倫理はこうした思い込みを捨て去ることです。その時に本質が見えてくるのだそうです。
 今、マスコミでは「百年に一度の経済危機・金融危機」などと暗い報道をしていますが、我々もそのとおりに思い込んでいるのではないでしょうか。現実をじっと見ると、道筋が見えてきます。
 約100年前の1907年にアメリカでシェル石油が生まれ1908年にGM、1909年にフォードが誕生。車社会が生まれて100年。そして今、GMの破綻。 しかしエンジン(内燃機関)は多くのものに利用されています。そうした中で、シェルは石油からバイオ燃料や太陽光へと経営を変えようとしています。
 今回の金融危機もお金自体が商品となって世界を駆け巡り、その付けが回ってきて崩壊となった現実をみつめる必要があるでしょう。今、こうした世界経済の転換期において、純粋倫理を通して、日本の果たす役割があるのではないでしょうか。



yakuin090805-2.jpg 全てのモノは見えないところでつながっています。人は、他人とモノと大自然とそして自分の肉体とつながっています。その人の心の持ちようで全てが変わってくるのです。
 人は決心をする「腹の決め方」で結果が大きく変わってくるのだそうです。松本先生はご両親と共に漁師をしながら、倫理研究所の活動にも参加していました。倫理研究所での中国への植林活動に参加するに当たって、仕事がうまく行って両親の許可も得て、行ければ行こうとういうあいまいな状況で過ごしていました。でも次第にその植林事業へ参加できるかどうか危ぶまれていました。
 そのとき倫理指導を受け、「決意を紙に書き、口に出して言い、多くの人に伝える」ことを実践し、仕事においてもこれまでの「遅く行き早く帰る」という態度から、早く準備に取り掛かり、その日の片付け掃除をして翌日の準備を済ませてから帰るという行動に、日々の行動を改めることによって、漁期も植林事業までに終わり、ご両親のご了解も得られ無事に植林事業に参加することができたそうです。


 いつも「世のため人のためを思いながら、自分自身を先ず改め、自分の心を変えること」で、環境が変わり、人が変わり、モノも味方し、自分の肉体もよくなっていくのですね。
 「やるぞ、出来るぞ」という強い決心、腹をくくることが何事においても大切なんだなと感じました。ありがとうございました。


文責 藤田 和彦




yakuin090715-1.jpgテーマ
 「ひとつながりの世界(全一統体の原理)」
 担当講師 社団法人倫理研究所 理事 法人局普及事業部部長井上茂勝(イノウエ シゲカツ)氏


 「倫理」の、は人が屋根の下で生活している様子、会社で仕事をしている様子など、つまり「人の暮らし道、生活」を表しています。そしては「すじみち・ことわり・きめごと・法則」という意味です。つまり、人が平和に暮していくための法則なのです。そしてこの法則を、創始者である丸山敏雄が、たまたま発見したのです。


 倫理は七つの原理に基づいて成り立っています。その中で最も根本となるのが「現実世界のあらゆる物事は、見えない次元で一つに統合されている」という原理です。
yakuin090715-3.jpg 見える世界と見えない世界。つまり私たちが五感で感じている目に見える世界と、そして目には見えない感覚の世界を超えた超感覚の世界(幽界)があります。人間でいうと、目に見える感覚の世界は体であり、超感覚の世界が「心」です。そして、この二つの世界はつながっており、必ず「心」が先行するというのです。
 心で思ったことが身体に現れてくるのです。心は目に見えません。いつもコロコロと変わっています。そして、波紋(伝染)していく性質を持っています。
 暗いうち湿った気持ちが周囲に波紋していき、逆に明朗闊達な心も伝染していくのです。人間関係に波紋するのは、夫婦の関係、親子の関係。そして「人は鏡」というように、周囲の人たちに広がっていきます。自分自身の身体の場合も「明朗は健康の父、愛和は幸福の母」と言われるように波紋が広がっていくのです。



yakuin090715-2.jpg 心を明朗にみがき上げておかないと、モノに対しても、そして環境に対しても、全てのものに悪い影響が伝わっていくのです。 心を磨いていると、人との出会いが、生まれそして変わってきます。
 経済不況が叫ばれる中、いつも攻めの姿勢を持ち続け、今が「心の整理をする」絶好の機会なのです。そして、倫理法人会は「人儲け」の会として経営者にとって今一番必要とされる会なのです。「明朗な心」が一番です、と締めくくっていただきました。


文責 藤田 和彦


  


 6月24日(水)の役員研修は、高知商工会館にて18:30より、社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー 徳永 孝明氏に「倫理の伝承者―丸山竹秋会長の足跡―」というテーマで講和をして頂きました(参加役員18名!)。


 丸山竹秋氏は、大正10年3月、丸山敏雄創始者の長男として誕生。東京大学文学部哲学科に学び、カントの哲学を熱心に研究されました。
 昭和22年に東京大学大学院を卒業。大学の指導教授から、名古屋大学の講師にならないかとのお話がありましたが、父である敏雄創始者を手助けする道を選択されました。
 学究肌のため、月刊誌の編集や研究が主な仕事でした。


 しかし、昭和26年12月14日、敏雄創始者が逝去。
 父の臨終を看取った竹秋氏の手記によると、父は、「いそぐな。さきのことを心配するな。自然にまかせて処置をとれ。これでよい。よろこべ。」とかすかに言ったそうです。
 このとき竹秋氏は、はっきりと覚悟をし、冷静に父の言葉通りにしようと思ったそうです。


 敏雄創始者の死後、大勢の直弟子がいる中、推されて二代目理事長に就任されました。
 しかし、学究肌で、人前で話すことが大の苦手であり、話が上手な人をうらやましいとさえ思っていました。
 「あなたのお父さんは立派だったよ。」とよく言われたそうです。


 翌年、昭和27年に結婚し、2男4女の6人の子宝に恵まれましたが、昭和41年には富士高原研修所を竣工。その施設の総責任者として、講習の中心人物として、研究員を目指す研究生の教育担当として、単身赴任であたりました。


 また、丸山敏雄生誕80周年記念として、倫理運動史最大の事業である「丸山敏雄全集」(全25巻・別巻4冊)を刊行されました。


 昭和26年12月の理事長就任以来44年間、倫理運動の重責を担う一方、倫理の研究にも力を入れています。多数の研究誌、雑誌、単行本を残されています。
 
 竹秋氏は、「地球倫理」として、"地球を救う10の実践"を提唱されました。
 (1)木を植える。
 (2)緑を大切にする。
 (3)清掃を徹底する。
 (4)ゴミは持ち帰る。
 (5)紙を大切に使う。
 (6)電気を節約する。
 (7)ガソリンを節約する。
 (8)水を節約する。
 (9)水を汚さない。
 (10)回収し、再生する。


 我々一人ひとりの平素の心がけ、生活態度が地球を守る基盤となります。そのことを「地球倫理」と称し、広く訴えました。
 共存、共生、調和協調を理念とした、「地球人の、地球人による、地球人のための倫理」の提唱です。


 役員研修の後、懇親会を新会員の「喰海」で行い、徳永氏を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
 久しぶりに橋本相談役も来られて倫理の花がいっぱい咲いた感じがしました。


 すばらしい役員の皆さんのご協力のおかげで会の運営が成り立っています。ありがとうございました。


文責 久万田 昌弘


 追伸:今回の徳永氏の講和に聞き入ってしまい、役員研修の模様の写真を撮ることを忘れてしまいました。申し訳ありません。



 



 yakuin090520-1.jpg5月20日役員研修
 テーマ「創始者・丸山敏雄の生涯と念願」
 担当講師 社団法人倫理研究所 参事 築地玉寿司会長 中野里孝正(ナカノリタカマサ)


 純粋倫理を学ぶ中で、創始者について知ることは大変重要です。
 創始者は、いかなる人生の中に純粋倫理の発見に至ったかをご教示いただきました。


 創始者は、この純粋倫理を発見したのです。発見という言葉を使ったのは、つまり倫理というものは元々、世の中にあったのです。それをわかり易く伝えたのが創始者なのです。


 純粋倫理とは、法則であり、科学的なものです。ですから何度繰り返しても同じ結果が得られるのです。


 創始者は明治22年5月5日 浄土真宗の信仰者である両親に育てられ、宗教心を身につけて育ちました。大学時代に歴史を学ぶ中で、表れてくる多くの「奇跡」について真実を明らかにしようとしました。しかし結局、解明には至らず、教団教師の道を選ばれました。しかし、国は新興宗教を恐れ弾圧をはじめ、創始者も拷問による取調べを受けた。そこで、「苦難の意義」と「親の尊さ」を悟ったのだそうです。


 戦後の荒廃の中で、国家再建の道は「守れば幸福になり、はずれれば不幸になる、新しい絶対倫理」を全国にひろめることであると、普及がはじまりました。
 倫理の実践普及、倫理研究所員の教育、そして原稿執筆に命を削った創始者は、家族と弟子一人に見守られながら、幽界へと旅立ちました。
 旅立ちの時、か細い声で残した言葉が、
 「急ぐな」、「先のことを心配するな」、「自然に任せて処置をとれ」、「これでよい」、「喜べ」。です。
 創始者の思いを受け継ぎ、私たちも、正しく学び、正しく実践して正しく普及していきましょう。


 倫理暦30年近くになる、講師の中野里参事は、友人から「70過ぎると教養が無いとぼけるよ」と言われたそうです。よくよく聞いてみると「70過ぎて、今日、用が無いとぼけるよ」と言うことだったそうです。
 現在は築地玉寿司の会長職となり、参事としての役職も拝命され、各地の倫理経営講演会や役員研修に講師として毎日、倫理を普及できることを感謝しながら、益々お元気で活躍を続けていらっしゃるとのことです。



文責 藤田 和彦



yakuin090520-2.jpg 
yakuin090520-3.jpg




 





yakuin090311-2.jpg 3月11日(水)の役員研修は、高知商工会館にて18:30より、社団法人倫理研究所中国四国副方面長 松本 真志氏に「倫理運動の草創期」というテーマで講和をして頂きました(参加役員8名)。


 倫理運動とは何か、創始者・丸山敏雄先生はなぜ倫理運動を始めたのか。
 役員の皆さんはかなり疑問があり、悩んだことも多々あることでしょう。
 しかし、役員研修に参加された8名の役員は全員、目からうろこが落ちるような感じを受けたのではないでしょうか。


 経営者は、複眼を持たなければなりません。
 現在、どういうことが起こっているのか、本質を見極め、情報に振り回されてはいけません。
 トップリーダーは、まず、古きを知り、新しいものを見極めなければなりません。


 そのためにも歴史を知り、いかなる働きによって倫理運動の基盤を築いてきたのか。その壮絶な生き方に触れることが、倫理運動の推進者として大切なことです。


 丸山敏雄先生は、59年間の人生のうち、35年間学校に所属していました。
 人生の難問を解決すべく宗教修行に打ち込んだこともありました。折しも、戦時下、宗教は弾圧され、丸山敏雄先生もぬれぎぬを着せられ、1年あまりを牢獄に過ごしました。


 終戦の年、日本人の行く末を案じ、自ら立って先導することを決意。
 昭和20年9月3日、「夫婦道」という論文を書き始めました。「この平和と世界文化建設の大任に入る」と日記には記されています。
 ここに、丸山敏雄先生たった一人が放つ小さな動き、まぎれもない道義再建への歩みが始まりました。


 自分がやらなければ誰がやるという気持ちで、「国家再建」を念頭に、復員してきた弟子とともに、研究発表を開催して、新たな価値体系の倫理運動の気運をつくり上げていきました。


 「万人幸福の栞」17ヵ条には、すべて丸山敏雄先生自身が実験、検証した事実に基づく法則がまとめられています。
 ピンチはピンチ、苦しみは苦しみ、まずは受け入れることが大切です。ものごとをそのままに受け止め、あるがままを生きることです。


 丸山敏雄先生は、日本の伝統を踏まえながら、時代の嵐をくぐり抜けて不動の自己を確立し、倫理運動を通じて実に多くの人を助け、救っています。


 丸山敏雄先生の最後の言葉は、「急ぐな」、「先のことを心配するな」、「自然に任せて処置をとれ」、「これでよい」、「喜べ」。
 この5つの語句が、丸山敏雄先生の生涯を賭けた戦いの全てを語っていると思います。


 役員研修の後、懇親会を「祭り茶屋」で行い、松本副方面長を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
 すばらしい役員の皆さんのご協力のおかげで会の運営が成り立っています。ありがとうございました。


文責 久万田 昌弘




yakuin090311-1.jpg


 





yakuin090121-1.jpg 1月21日(水)の役員研修は、高知商工会館にて18:30より、社団法人倫理研究所中国四国方面長 和田 毅氏に「普及力が『日本創生』」というテーマで講和をして頂きました(参加役員16名)。


 普及とは何か、なぜ普及をするのか。
 役員の皆さんはかなり疑問があり、悩んだことも多々あることでしょう。
 しかし、役員研修に参加された16名の役員は全員、目からうろこが落ちるような感じを受けたのではないでしょうか。


 仲間を増やすことによって「数は力」となり、大きく広がっていきます。数があるかないかでは雲泥の差となって、倫理法人会に対する周囲の見る目が変わってきます。
 例えば、愛媛県では会員企業1,600社を超え、香川県では1,000社を超えています。
 そうなると、倫理法人会主催の式典等の行事には、知事、市長本人が来賓として参加し、祝辞を自分の言葉で述べてくれるそうです。誘いもしない国会議員までもが参加させて欲しいと言ってくるそうです。
 このように「仲間の数」が増えることによって、周囲がほっとかなくなります。


 また、役員の皆さんは、それぞれ入会の動機がいろいろあるかと思います。
 しかし、共通していることは、誘ってくれた方がいるからこそ、今、自分はここに参加していると思えば、「誘ってもらってよかったなあ」と感謝の心を持つようになるでしょう。
 そうすれば、自然と自分も誰かを誘って恩返しをしていこうという気持ちになります。この恩意識をエネルギー源にすることによって、普及力は高まることを教えて頂きました。


 1月は、普及拡大の強化月間となっていますので、ちょうど必要な時に、いいタイミングで和田方面長が高知にお越しいただけたと思います。


 役員研修の後、懇親会を「お集り処 風土」で行い、和田方面長を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
 また、今回の役員研修に初めて参加した役員を含め、ほとんどの役員が懇親会にも参加していただき、とてもうれしかったです。
 すばらしい役員の皆さんのご協力のおかげで会の運営が成り立っています。ありがとうございました。


文責 久万田 昌弘




yakuin090121-2.jpg 

yakuin090121-3.jpg
 




Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ