最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

カテゴリ: 倫理経営講演会

20120208a.jpg平成24年度高知市倫理経営講演会は、平成24年2月8日(水)、高知商工会館にて18:00よりお二人の講師をお招きして開催しました(参加者総数106名)。



まずは、中越忠男会長より歓迎の挨拶がありました。
「大変お忙しい中、年一回の倫理経営講演会にたくさんの方にご出席頂きありがとうございました。今回は、"朝に活路あり "をテーマに、朝起きの意義、朝の効用を理解され、企業発展の活路を拓いていただきたいと願って、お二人の講師のお話を頂きました。今後共、高知市倫理法人会にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。」


最初に事業体験発表として、沖縄県よりお越し頂いた、石川文明堂株式会社 代表取締役 石川元義氏(沖縄県倫理法人会 副会長)に「継ぐ人、継なぐ人」というテーマで講和をして頂きました。



20120208b.jpg昭和27年に父である先代社長が創業。平成元年に父から社長業を引き継ぎました。現在、オフィス家具及び文具事務用品の販売を中心に、オフィス、店舗のデザイン及び設計施工等、幅広くオフィスに関する業務を行っています。


「しょうがないから、こいつを社長にする。」と社員の前で父から言われた石川氏。
「営業責任者として、売上には貢献していたと自負していました。なにくそという思いで、悔しさをバネに頑張ってきました。」


「父との葛藤の中、私を社長にさせながら、社内では№2の専務の方が上でした。ほとんどの社員も専務に付いていました。」


これではいけないと危機感を持った石川氏は、専務に二人で飲もうと誘ったそうです。
「専務に最後まであなたの面倒は私が見ると言ったら、専務も心を開いてくれました。」


社長になってから実践していることは、東京で鍵山秀三郎氏の講演を聴いて以来、朝一番に会社に出社し、トイレ掃除を行っているそうです。
「誰にも気づかれずにトイレ掃除を行っていましたが、会社の朝礼で、倉庫番の社員がバラしました。トイレ掃除を始めて3年後には、社員も一緒に行うようになり、社長になって初めて社員とのコミュニケーションが取れました。」



20120208c.jpg倫理法人会では、1,000社以上の県法人会に"後継者倫理塾"を立ち上げることを認めています。
石川氏は、沖縄県後継者倫理塾の初代塾長となり、今年で3年目となります。


「沖縄県では、後継者を育成する場がなかったので、率先して"後継者倫理塾"を開設しました。あいさつ、返事、あとしまつ等、小さな実践の積み重ねが大事です。現在は、25歳から50歳までの塾生の指導に当たっています。」


最後に、「創業者にとって大事なことは、後継者がやれるかどうかは関係なく、やらしてみる。そして、任せたら目をつぶって信じることです。高知県もぜひ1,000社を達成して後継者倫理塾を立ち上げて下さい。」と力強く締めくくって頂きました。




20120208d.jpg次に倫理経営講演として、茨城県よりお越し頂いた、社団法人倫理研究所 法人局参事 法人アドバイザーの大橋俊作氏に「朝に活路あり 」というテーマで講和をして頂きました。


大橋氏は、年商80億円のデパートの営業部長をされていましたが、ある日、社長から総務部長をやれと言われたそうです。
「私はショックで、家内に愚痴ばかり言っていました。家内からそんなにイヤだったら辞めたらいいじゃないと言われましたが、そう言われると反対に辞めづらかったです。」


総務部長を引き受けた大橋氏は、その頃から、近くの公民館で行っている朝起き会の勉強会に誘われて通うようになったそうです。
「最初は倫理の勉強会とは知りませんでした。巡行に来られた指導員に今の心境を正直に話すと、今までの営業部長は誰でも出来ました。物がない時代ですので、作ればどんどん売れる時代でした。しかし、これからは企業が生き残っていくためには、全体を管理する総務が大事ですよと指導を受けました。」


「"倫理"を支える七つの原理の根っこの部分は、親祖先です。企業も同じです。企業では総務が根っこの部分だと教えて頂きました。」


大橋氏は、昭和49年、38歳で家庭倫理の会に入会されて以来、朝の時間を大切にするようになりました。
「朝寝はわがままの第一歩です。何年も積み重ねていくとクセになってしまいます。朝起きをしないから夜更かしをするようになります。朝寝は夜更かしの原因となります。悩みの人生とは、実は朝寝から始まっているのです。」


「朝起きをすると仕事を追っていけます。起きると思ったら起きられます。やれば出来ます。」
「喜んで起きることです。気軽に喜んでサッと起きる。これが健康のもととなります。そして、次第に直観力がさえてきます。」



20120208e.jpg倫理研究所が提唱する"純粋倫理"とは、"明朗""愛和""喜働""純情(すなお)"の実践により企業が活性化し繁栄する道であり、元気になれる実学です。


「倫理は心から入ります。カラ元気はダメです。心から元気になるべきです。勝ち組の経営者たちはいくつかの共通点があります。なかでも一番に挙げたいのが"元気"です。」


「商売は、お互いに尊び助け合い、その結果お互いが繁栄する"共尊共栄"が原点です。また、社員教育は、上から教育しなければなりません。いくら新入社員を教育しても上がダメなら全部がダメになります。」


「目が覚めたらすぐに起きる、気がついたらすぐする、後始末はサッと早くする3つの実践を行えば、いろいろなことを心配する癖から脱却できます。」


「一度しかない人生を幸福に過ごしたければ、朝寝をやめて、朝起き(早起き)の生活に切り替えることです。まさに朝起きは、再建の第一歩となります。自分に負けるような人間は、何をやっても大成しません。」


最後に、「朝起きひとつ出来ずに何ができるか。"寝むたくば いつまでも眠れ 墓の中"」と力強く締めくくって頂きました。



20120208f.jpg第二部の懇親会では、石川元義氏、大橋俊作氏を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
懇親会の中では、多くの仲間とともに語り合うことで良い刺激を受け、明日からのさらなる実践への意欲が湧いてきたことでしょう。


準備期間が年明けから1ヵ月しかなく、準備不足もあり、まともに開催できるだろうかと不安もありました。しかし、中越忠男会長を中心に、役員が一致団結をし、開催日の1週間前から最後の追い込みをかけて、100名以上の方に参加して頂き、会場いっぱい熱気に包まれた講演会を開催出来ました。


役員の皆様、そして参加されたすべての皆様、ご協力ありがとうございました。


(文責 久万田 昌弘)



20100224_1_DSCF8112.jpg 平成22年度高知市倫理経営講演会は、平成22年2月24日(水)、高知商工会館にて18:00よりお二人の講師をお招きして開催しました(参加者総数152名!)。


 まずは、大変お忙しい中、年一回の倫理経営講演会にたくさんの方にご出席頂きありがとうございました。
 今回は、「日本創生の心 ―希望は心の太陽である― 」をテーマに心の経営を目指し、企業の目標・目的を明確にして行動し、飛躍を誓い合う場としてお二人の講師のお話を頂きました。
 今後共、高知市倫理法人会にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


20100224_2_DSCF8146.jpg 最初に事業体験発表として、宮崎県よりお越し頂いた、株式会社和光産業 代表取締役 児玉雄二氏に「倫理と出合って『運命自招』」というテーマで講和をして頂きました。


 昭和54年に創業。今年で31年目を迎え、「人から人へ、あなたとの出会いを大切にします」を信条に、建設業・不動産業を中心に幅広く事業を展開されています。
 昨今の深刻な建設不況の中、毎年、売上が前年比20%アップの快進撃を続けています。
 しかし、決して順風満帆ではありません。
 研修に行っても続かない、人前で話も出来ない、仕事もうまくいかない時期もあり、その時は全部人のせいにしていたそうです。


 全部人のせいにしていた児玉氏が、変わった転機が2つありました。
 一つ目は、何とか現状を脱皮するためにも、必死の想いで中小企業大学校の6ヵ月間の経営者コースに参加したことです。
 第一線で活躍されている23名の経営者との交流により、「俺が俺がではいけない。まず、トップの自分が変わらなければいけない。顧客満足も大切だが、まずは社員満足が先だということを学ばせてもらいました。」


20100224_3_DSCF8158.jpg 二つ目は、縁あって平成9年に倫理法人会に入会したことです。
 「『ツイてる』を言い続けていると本当にツキが回ってきました。」
 「会社の朝礼に活力が出てきてきました。社員が倫理を真似して、『やるぞ10億円』を毎日唱和しています。」
 活力朝礼を実践することにより、社員の仕事に対する意識が向上されたそうです。
 「電話の応対が良くなり、また、お客様が訪問されたときは、社員全員立ち上がって元気のいい挨拶ができるようになりました。」


 また、児玉氏は、常に「欲」を持ち、次から次へと新しい発想を生み出し、「借りて真似る」ことも実践しています。
 「『欲』が人生を変えると言われます。そして、儲かっている企業の真似をすることも必要です。」


 最後に、「景気がいい、悪いは社長が決める事。当社は、常に社員一人一人が現状に満足することなく、必ずこの会社が繁栄していくという信念を持って未来に向かって邁進していきます。」と力強く締めくくって頂きました。
 これからも活力朝礼を実践し、先行き不透明なこの時代を乗り越える真の実力のある人、組織、企業を目指して下さい。



20100224_5_DSCF8210.jpg


 次に倫理経営講演として、石川県よりお越し頂いた、株式会社芝寿し 代表取締役 梶谷晋弘氏に「日本創生の心 ―希望は心の太陽である― 」というテーマで講和をして頂きました。


 昭和33年、先代社長がそれまで営んできた東芝の家電販売店から転業し、金沢に昔から伝わる祭り寿しの持ち帰り店「芝寿し」を創業しました。
 最初、屋号を「東芝寿し」としましたが、東芝からクレームが出て「東芝」の「芝」をもらい、「芝寿し」になったそうです。


 梶谷氏は、子どもの頃から、たった1個の100円の押し寿しを売る為に、夜中までお店を開き、必死になって働いている父と母の背中を見て育ったそうです。
 「今や寿司屋は、流行がなく、在庫もいらない、代金はキャッシュというのが当たり前となっていますが、父と母は当たり前ではない商売をしてきました。」


20100224_6_DSCF8214.jpg 創業初日の売り上げは600円でしたが、現在は北陸三県に35店舗、従業員500名、年間売上37億円となっています。
 しかし、決して順風満帆ではありません。


 梶谷氏は、大学を卒業後、すぐに入社し、ご飯炊きからスタートしました。毎日、掃除や釜洗いばかりだったそうです。
 当時、熟練した先輩からご飯を炊く時の心構えとして、「お客様に喜んで頂けるおいしいごはんが炊けますように」と、呪文を念じながら釜のふたをすることの大切さを教えてもらいました。


 おいしいものを作ろうとする想いは、経営にも通じるものがあります。
 「人の成長を願うのもその人の『想い』が必要、会社の発展を願うのも経営者の『想い』が必要です。」
 成功するかしないかは、その経営者が持っている志の違いで変わってきます。


 梶谷氏が28歳のとき、先代社長から専務取締役の名刺を渡されました。
 それ以来、すべて梶谷氏に事業を任されたそうです。
 「現在、私にも息子がいますが、任せて口を出さない大変さを痛感しています。言いたいことを我慢し、信じきることの大切さを先代社長に教えてもらいました。」


 33歳のときには、会社に労働組合も出来ました。
 「私の行動からそうなりました。なんで自分の言うことが聞けないのかという傲慢な経営をしていました。」
20100224_7_DSCF8198.jpg その頃は、毎年売り上げが伸びていても、達成感も充実感もなかったそうです。何のために会社があるのか、何のために仕事をするのかわからず苦悩の日々を過ごしていました。


 しかし、梶谷氏にも転機が訪れました。
 平成元年、石川県に倫理法人会を作る為の設立準備委員になったことです。
 その委員は梶谷氏を含めて3名でした。
 設立準備委員会での「素直」をテーマにした講演の中で、「出会いは一瞬速からず、遅からず」を聴きたことがきっかけで、現在まで22年間倫理で「原理原則」を学んでします。


 経営者の「器」以上に会社が大きくなったら会社は崩壊します。しかし、どうやったら自分の「器」を知ることが出来るか。
 「まず、一緒に連れ添ってきた奥さんに聞いてみる事です。そして原理原則を教わるすぐれた師匠を見つけることです。」


 また、「下関のフグがなぜ死なないか」という面白いお話もして頂きました。
 「下関のフグを生きたままどうやって東京に輸送しているか。それは、水槽の中に、フグの天敵であるカワハギを入れることによって、常にフグは危機感を持ち続け、フグの死亡率が大幅に下がりました。」
 「経営も同じです。不景気・不況だからこそ、会社が変わっていく絶好のチャンスです。」



20100224_9_DSCF8219.jpg 「危機感」と「不安感」は全く別物です。
 「経営者は常に危機感を持たなければなりません。しかし、危機感があっても、先のことが読めなくて明日のことがどうなるかわからない不安感があってはなりません。」


 会社は、絶対にいつかは潰れるものです。
 会社を潰さずに成長させる原動力は何か。99.99%社長の人間力によります。
 100年続く企業の条件として、「徳がある人には、ピンチの苦しい時にいつも誰かが助けてくれた」共通点があります。


 「上に立つ者の役割として、元気の中心でなければなりません。ダメになる会社は、ほとんどが内部から崩壊しています。」
 この不景気は、2,013年まで続きます。
 今のうちに経営者がしっかりと理念を確立し、人材教育をしなければなりません。


 最後に、「創業の精神とは、今日、来て頂いて買ってもらって良かったとお客様がお帰りになるときに手を合わせることです。そして、こんな会社に勤めてくれる従業員にどうか幸せになって欲しいと想うことです。」と力強く締めくくって頂きました。
 これからも、地域に愛されるよう努力し、どんな環境の中でも力強く生き残って頂き、「100年企業」を実現することを心から願っています。



20100224_10_DSCF8234.jpg


 第二部の懇親会では、生ギター演奏によるミニコンサートを開催し、梶谷晋弘氏、児玉雄二氏を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
 懇親会の中では、多くの仲間とともに語り合うことで良い刺激を受け、明日からのさらなる実践への意欲が湧いてきたことでしょう。
 役員の皆様、そして参加されたすべての皆様、ご協力ありがとうございました。



20100224_11_DSCF8246.jpg文責 久万田 昌弘



keiei090422-4.jpg 平成21年度高知市倫理経営講演会は、平成21年4月22日(水)、高知商工会館にて17:00よりお二人の講師をお招きして開催しました
(参加者総数100名!) 
  まずは、大変お忙しい中、年一回の倫理経営講演会にたくさんの方にご出席頂きありがとうございました。


 今回は、「日本創生の心 ―ここに倫理がある― 」をテーマに心の経営を目指し、企業の目標・目的を明確にして行動し、飛躍を誓い合う場としてお二人の講師のお話を頂きました。今後共、高知市倫理法人会にご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


 




keiei090422-2.jpg 最初に事業体験発表として、福岡県よりお越し頂いた、有限会社一心 HOTTOMOTTO 代表取締役 岡本妙子氏に「活力朝礼で会社が変わった」というテーマで講和をして頂きました。
 挨拶一つ出来ない自分を何とかしたいと思っていた時、知人から「子供をりっぱにしませんか」と誘われて倫理法人会に入会したそうです。


 倫理法人会では、「ハイ」を実践しているうちに色々な役職が回ってきて、自社では朝礼をしていないにもかかわらず、気がつくと「朝礼委員長」を拝命されました。
 朝礼指導員の資格取得が転機となり、自社でも活力朝礼を実践するようになりましたが、最初の頃は反発も多かったようです。
 「しかし、朝礼の中に、滝口長太郎氏の「打つ手は無限」の唱和や従業員の手をしっかり握って目を見て褒めること等を取り入れていると、従業員から張りのある声が出るようになりました。」
 朝礼で従業員の本気・やる気があるか見抜くことができます。毎日、目線はどうか、指をしっかり伸ばしているか等をチェックしているそうです。


keiei090422-5.jpg 朝礼委員長として朝礼コンクールを開催し、動員目標600名を超える613名の方に参加して頂き、あらためて「やると決めたら覚悟がいる」ことを実感されたそうです。


 最後に、「必ずこの会社が繁栄していくという信念を持って朝礼指導しています。」と力強く締めくくって頂きました。
 これからも活力朝礼を実践し、先行き不透明なこの時代を乗り越える真の実力のある人、組織、企業を目指して下さい。


 





文責 久万田 昌弘




keiei090422-6.jpg


 


 第二部の懇親会では、生ギター演奏によるミニコンサートを開催し、那須隆氏、岡本妙子氏を囲んでなごやかな雰囲気の中で楽しいお酒を頂きました。
 懇親会の中では、多くの仲間とともに語り合うことで良い刺激を受け、明日からのさらなる実践への意欲が湧いてきたことでしょう。
 役員の皆様、そして参加されたすべての皆様、ご協力ありがとうございました。


  



keiei090422-3.jpg  


 


Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ