最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

カテゴリ: モーニングセミナー

20150319_1

講 師 笑いヨガ リーダー

    長田恵理 


テーマ 
「実践 笑いヨガ」



------------------------------------------------------------------------------------------------

笑いヨガ(=ラフターヨガ)…百聞は一見(一動)に然り、と言わんばかりの「実践モーニングセミナー」でした。

最初は深呼吸から。目覚めたばかりの朝、新鮮な空気を取り込むと体中の細胞が目を覚ますような気持ちになり、体の中から活力がみなぎります。

小柄な長田さんの体から元気が発信され、その元気がこだまするように実践が進められます。

「その気」にさせるのもお手のもの。皆で身体を動かすことが苦手な様子の方も自然に躊躇なく、笑いヨガの世界に引き込まれていきます。


笑いヨガの基本要素は4つ。

1)笑いを誘う 

2)手拍子とかけ声

3)深呼吸 

4)子どものような無邪気な遊び心を思い出し、心を解放すること

20150319_2

後半は、子どもたちに今大人気の「妖怪ウォッチ・妖怪体操」!

身体を動かすことももちろんですが、実践開始時には照れ笑いだった方も自然に気持ちよく笑えるような成果を、少しの時間で実感できました。


笑いヨガの一番大切なことは「心から笑うこと」。

身体を動かし、リラックスすることにより「いい笑い」が生まれ、「いい空気」を体の中に取り入れることができる、そしてさらに身体を動かすことができ…この繰り返しが心身が伴う健康につながるということを学ばせていただきました。



どんなことでも緩急は必要。ゴム紐は伸ばしたままでは、すぐ傷みます。最後は会場をダウンライトにして長田さんが絵本を読んでくださりました。

静かなリラックスタイム。



倫理法人会「万人幸福の栞」に「疾病信号」という言葉があります。

肉体は心の容れ物であり、心のあらわれ。また、病気は一般に知られている原因の奥に、真の原因がある。それは心の不自然なゆがみや偏りが、自分の肉体に赤信号としてあらわれたものだ。朗らかな豊かなうるおいのある心は、病気を治癒するほどの力をもつ。 


「笑いヨガ」は、まさにその「朗らかな豊かなうるおいのある心」を育てる活力を与える、老若男女問わず実践できるエクササイズ。

1995年にインドの医師が近所の公園でたった5人で始めたことが世界73カ国以上に伝染し、1万以上のクラブが定期的に活動されているそうです。

長田さん、倫理のスピリッツを身体から感じさせていただける清々しい朝をありがとうございました。

20150319_3
 

20150305_2

講 師 (有)戸田商行 取締役 
 
    戸田実知子
    (高知土佐準倫理法人会 副事務長)  


テーマ 
「もくめん屋に嫁いで」



------------------------------------------------------------------------------------------------

木毛…(もくめん。もくもうとも呼ぶ)。あまり聞き慣れない響きですが、メロンなど、高級果物などを保護するためのパッキンのことです。この木毛を製造販売している工場は最盛期であった昭和40年代には日本全国に140工場あったそうですが、今では2~3工場ほどに減少。土佐市の有限会社戸田商行は、そのうちの一社です。

戸田実知子さんは、現在、戸田商行の取締役でいらっしゃいます。代表であるご主人・戸田宗崇(ひろたか)氏とは、高校時代からのお付き合いだったとか。戸田さんの実家も会社経営をされており、「商売をされている家に嫁ぐこと」は全く抵抗がなく、むしろ嫁ぎたいという気持ちがあったそうです。
バブル景気真っ只中に就職をされた会社員時代に経験をした、人との信頼関係を築く難しさと、そこから得た気づきと学びのお話から始まり、結婚され、ご主人と事業のパートナーとなってからのお話、子育てが落ち着いた頃に依頼された土佐市の教育委員、そして、ご主人が土佐市議会に出馬~当選されるまでの経緯のエピソードなどを通じ、「目の前起こったことについて前向きに取り組む姿勢」の大切さを学ぶことができました。

20150305_4

セミナー後の朝食会では、木毛についての話に花が咲きました。木毛を食紅で染め、付加価値をつけた商品展開を行い、ギフトショーなどに出展されたり、地場産品のお土産品パッケージを企画するグループに参加されたりと、伝統ある木毛の良さをそのままに、新たな息吹を吹き込む活動をされていらっしゃるそうです。
倫理法人会の「万人幸福の栞」の「万物生々(ばんぶつせいせい)」…物はこれを生かす人に集まる。この言葉をしなやかに実践されている戸田さん、早朝より、土佐市からお越しいただき、素敵なお話をありがとうございました。

※有限会社 戸田商行
 http://www.toda-shoko.com/


20150305_5
20150305_6


2月6日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、一般社団法人倫理研究所 丸山敏秋理事長より『夢かぎりなく2014』というテーマで講話をおこなっていただきました。当日は丸山理事長の講話と言う事で、朝早いのにもかかわらず56社60名に参加していただきました。

まずは倫理法人会の学びのやり方を「それぞれの学びのやり方があるが、テキストは声を出し反復して読む事でインプットされる。万人幸福の栞は純粋倫理をコンパクトにまとめた物。」と説明頂き、万人幸福の栞から当日に輪読した『第七条 肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号(疾病信号)』についてお話頂きました。

20140206f.jpg 心が明るいと体の調子も良くなったりする。
20140206a.jpg 倫理は心の世界を元にする。心のあり方で変わってくるので、病気は心の現われである。
心はどこにでも行き渡りいっぱいになっている。つまりどこにもない。心がどこにあるか考える事自体がおかしい。「どこ」と言う言葉は「空間」を考えている。
心が明るいと体の調子も良くなったりする。
ただし、全部心が原因ではなく、日常の病気を指している。環境や先天的な病気は自分のわがままが原因ではない。
病気の形となって現われると考えればもったいない。チャンスととらえ自分の陰の部分を直していく。せっかくなった病気を治すだけでは惜しい。病気になればおめでとうと言う時代が来た。そう言えるような、なかなか治らない病気もいっぱい有るが、病気に教えられる事もいっぱい有る。なので、病気になって良かったねちゃんと信号が来たと心から言えるのが倫理法人会の仲間(倫友)である。
ただし、病気になれば生活に支障があるのでなるべく健康である方がいい。ならない為には明朗になる。心が明るく保てるようになれば健康になりやすい。
そして、事業繁栄の元は明るい人には色々寄ってくる。人に連れて情報が入ってくる。お金も明るい所が好き。なので、経営者は明るくないといけない。

モーニングセミナーはこのスピード社会で立ち止まるいい機会なのです。
生活や食事をバランスが取れていないといけない。日々の暮らし、まずは今日一日を充実して過ごすこと。現代人はそれをおろそかにしている。それが元で病気になる。目先の事に追われる生活は大事な事が出来ないで一日が終わる。
なので、ゆっくり歩く。立ち止まる時間が貴重になってきている。
モーニングセミナーは人の話を聞き自分を省みる機会です。その時の講師の話がつまらないとしてなぜつまらないか考えると反発する自分に気づく。
モーニングセミナーはこのスピード社会で立ち止まるいい機会なのです。
我々は深い事を考えなくなっている。
深い事を何も知らないと不安になる。
深い問いには答えがない。これが大切。この世に生まれた意味があるか?考える事に意味がある。

丸山敏雄先生は「心配ご無用」とつとめて説いていた。
過去にばかりとらわれてくよくよしたり先の事ばかり考えてくよくよする。しかし、くよくよする癖を修正する事が出来る。そうなると今日今を生きる事に精一杯努められるようになる。
人間は心配するように出来ている。特に現代人は先の事を心配して考えすぎる。
丸山敏雄先生は「心配ご無用」とつとめて説いていた。今を充実させればきっとこれからはいい方向に行く。
心配するからそういう方向に動いてしまう。過去の記憶の癖やつらい、痛い、苦しい方を強く持つ癖がある。つらい記憶痛い記憶を消去する事。あれは必要だった。良かったんだと思う事が大切。
人は死ぬ。いつか死ぬ。人は死ぬ事を知っている。死ぬのは未来。未来を考えると心配になる。しかし、死ぬ事は喜び。そう心境を作っておかないと幸せになれない。

(文責:窪田 哲也)

20140206e.jpg


20140206b.jpg


20140206c.jpg


20140206d.jpg

1月30日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、株式会社保険丸 武田哲也氏(松山北倫理法人会 相談役 法人レクチャラー)より『倫理法人会での不思議な体験』というテーマで講和をおこなっていただきました。

20140130a.jpg中越忠男会長挨拶の後、宗石秀敏高知県研修委員長の会員スピーチです。「本日の講師武田さんとは、松山で仕事をしていた際に苦楽を共にした倫友であります。会長挨拶は毎週のように聞いていましたが、講話を聴くのは初めてで今日は本当にたのしみです。」と懐かしさのこもった講師紹介となりました。

20140130b.jpg武田哲也法人レクチャラーの講和です。伊予市の果樹農家で生まれた武田氏は、大学を卒業後、保険会社に代理店研修生として入社、その後独立し現在に至っております。倫理法人会には2003年に入会し、MS委員長、専任幹事、会長の役職をされ、現在は松山北倫理法人会の相談役として活躍されています。結婚当初からとにかく夫婦喧嘩が絶えなかった武田氏は、よく夫婦の問題解決の為倫理指導を仰ぎました。「妻に責められる、妻を変えたい」という問いに本部のSVの答えは「あなたが奥さんを責めているのです。自分を変えなさい」という指導でした。当初は理解できなかったそうですが、夫婦喧嘩のたびに指導を仰ぎ、少しずつ実践することで徐々に夫婦が理解しあえるようになったそうです。又子供がチック症という病気にかかったとき、原因は夫婦中の悪さという指導の下、心から奥さんに詫び、心の葛藤が消えなかった母親への手紙の実践により、1週間でその病気が治った体験もされたそうです。武田氏は倫理法人会の役職を受けることを道場での修業であると置き換えて実践に取り組んでいるそうです。練習も実践も毎日の継続あってこそ筋肉となる。今後も実践の継続により、家庭を守り、会社を発展させていくという強い思いが伝わってきました。

武田法人レクチャラーの講話は本当に実体験を包み隠さずお話していただきました。此処では紹介できない赤裸々な夫婦間の秘話もいくつか紹介され、女性の出席者が顔を赤らめるようなお話もありましたが、聞き手に伝わる話とはやはり実体験であると感じました。自身の体験から何かを感じ取ってもらいたいという武田氏の思いを、出席者全員が受けとめたモーニングセミナーとなりました。

(文責:東村 英幸)

20140130c.jpg
Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ