最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2013年05月

 20130516a.jpg5月16日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、宮本勝年法人レクチャラー(熊本北倫理法人会 普及拡大委員長)より「父親(ちち)への90日ハガキ実践!」というテーマで講和を行なっていただきました。


 
まずは中越会長から『前夜の経営者の集いでの宮本勝年レクチャラーの「廃業、離婚、追い込まれて得るもの逃すもの」赤裸々な体験談に非常に感銘しました。本日の講和も大変楽しみです。』と挨拶がありました。

 

20130516b.jpg会員スピーチは中宏文普及拡大委員長です。法人レクチャラーでもある中氏は、年に数回県外での講師依頼を受けますが、講和のテーマに関して出来るだけ高いレベルのテーマにするそうです。これによって聞き手の態度、視線、質問等厳しい目を向けられることも多いようですが、「苦難福門」ととらえ今後もレベルアップしたいと話されました。



 宮本勝年法人レクチャラーの講和です。リフォーム、内装、インテリア工事等を行なう(有)ルゥハウスの代表取締役である宮本氏ですが、今までの人生は波乱万丈であったそうです。学校卒業後本田技研に就職された宮本氏ですが、友人の会社を手伝うようになり、自身の会社を設立しました。バブル景気に乗り順調に業績を伸ばしましたが、お酒と女性が趣味であり奥さんとの関係に溝が出来るようになりました。その後離婚、ほぼ同時期に友人であった取引先社長の死亡から、会社を廃業(休業)することになり、電気工事の仕事に就きました。

 20130516c.jpg2年後会社の再復活を決心した宮本氏は、倫理法人会と出会いました。営業で飛び込んだ先の社長が熊本北倫理法人会の会長であり、墓参りの実践、トイレ掃除の実践等の指導を受けたそうです。実践すると不思議なことに仕事がどんどん入り、モーニングセミナーをはじめとする倫理法人会活動にも熱が入りました。


 宮本氏は倫理実践により様々な体験をしたそうです。その一つがハガキの90日実践です。

1年以上前から打合せを重ねていたリフォームの仕事がなくなり倫理指導受けたところ「親と繋がっていますか、お父さんと繋がってください。」と言われました。実は些細なけんかから家を出て以来27年間口をきいていなかったそうです。初めは1行の手紙から毎日手紙の実践を行ないました。30日後なんと父親から連絡があったそうです。電話の向こうでは泣いていたそうです。その後はハガキいっぱいの文章となり、90日目には、父親から100枚のハガキが送られてきました。今では両親の面倒を見ているお姉さんにもはがきを書いているそうです。



 また学校の成績で悩んでいた娘さんをモーニングセミナーに連れて行ったところ、講師の先生から「ラッキー、ハッピー、うれしい、たのしい、ありがとう」を毎日5回言ってくださいという話を聞き、実践することで成績がどんどん上がり、希望の学校、仕事に就けたそうです。


1、挨拶に一言付けること

2、仕事の準備と後始末、使用する材料など、自然・環境への美化を意識し、職場と現場、お客様・ご近所さんへの心配り

3、小さくても夢を持ち続けること。口に出し、明るく生きる。

4、支払は、よろこんで!

5、実践は、まず90回・90日間やってみる。


この5項目が宮本氏の信条です。実践体験からの自身の言葉であり、非常に心に響きました。宮本氏の夢はバスの運転手で、なんと休日には観光バスを運転することもあるそうです。私たちも今日から実践のスイッチを[ON]にしましょう。
文責 東村 英幸




 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

5月30日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

BGM高知株式会社 代表取締役若松和人氏  

静かにチャンスはやってくる

無料


7:05~ (ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ 会費100円)


----------

次回5月30日(木)は、先月に引き続き若松和人氏による体験発表(Part2)をいただきます。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。















----------

前回5月23日(木)は、BGM高知株式会社 取締役社長 西山明邦氏より「仕事で入った倫理」をテーマに講話をいただきました。


―――――――

 5月9日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、ソフィアデンタルクリニック 院長 濵田正人氏より、『口福(こうふく)』と題して講話を行っていただきました。

20130509a.jpg
 まずは、中越会長より、「名前を書くときは、一文字一文字に人格があるつもりで書いています。そして、お客様の名前を書くときにもすべて直筆で名前を書きます。お客様とのやりとりも丁寧にし、社員教育も行って、栄えてほしいと思います」と挨拶されました。

そして、濵田氏の講話です。プロジェクター持参でお話し頂きました。


■プロフィール
 濵田氏は昭和36年に伊野町で生まれました。平成11年に歯科医師国家試験に合格し、歯科医院を経営しています。そうした輝かしい経歴だけではなく、裏年表も語って頂きました。
 
20130509b.jpg
学生時代は、屈辱的な二つの失敗を経験し、社会人になってからも、歯科医師への道を目指すきっかけとなったご縁が成就しなかったということがありました。そして、開業当時は、経営は右肩上がりでしたが、スタッフとの仲は最悪でした。近隣に別の歯医者が開業することになり、いろんな勉強を始めたそうですが、だんだんと、学んだ事を社員にもおしつけるようになり、離職者が相次いだそうです。
「現在も多くの悩みの真っただ中にいます」と語る濵田氏でしたが、今現在は学びの成果が現れているのか、晴れ晴れとした表情をしています。

■倫理との出会い
 濵田氏が倫理法人会を知るきっかけは今から五年前の歯科医のセミナーだそうです。そこで会報「職場の教養」を見付けて興味がわき、事務局へ行き、すぐさま入会しました。
入会の二か月後、モーニングセミナーでの講話の依頼がありました。その時が初めてのモーニングセミナーでしたが、その感想は「ぜったいに違うところに来てしまった」というものでした。しかし、講話者の中に知り合いを見付け、参加するようになり次第に「自分が必要としているのはこれでは?」と思うようになってきたそうです。
 今では積極的にモーニングセミナーに参加されています。

20130509c.jpg■「歯」のはなし
濵田氏の専門分野である「歯」についての話を、映像と共にお話し頂きました。
口の中は、排水溝と同じように、アメーバやカビがたくさん存在します。それらは伝染するので、家族全員がそれらの細菌を持っています。これらの細菌がいると、歯と歯茎の間が細くなりぐらぐらになるそうです。本来、歯の3分の2が骨に埋まっているはずが、3分の1しか埋まらなくなります。これを治すのに、以前の治療法は歯磨きでした。現在は、薬によって細菌をいない状態にするそうです。
「歯医者は、行きたくない場所のトップ3に入ります。どうすれば来てくれるか、と考え、これまでかぶりものを被ったり等いろいろと工夫をしました。お客様が来たくなるような環境作りが大事です」。
そう語る濵田氏のクリニックは、ホテルのロビーのような快適な環境だそうです。

■新たなるステージへ
 「私が目指すのは、全員が主役の医院づくりです。具体的には、有休、育休、産休が取れて、女性がずっと働けて、子供を大学まで行かせられる職場にしたいです。人生が幸せになる職場づくりを目指してます」。
 現在、倫理はもちろん、ジェームズスキナー、ライオンズ、天風会、日創研など様々な団体で学び、器を大きくしようとされています。
 最後は松下幸之助氏の語録を多数紹介頂きました。

 ・難しい事業をこなしてこそ真の経営者になる
 ・成功の反対は、失敗ではなく妥協だ

 など、多くの学びを紹介頂きました。

20130509d.jpg
 常に颯爽としている濵田氏の意外な苦労話を聴けて、さらに、倫理でも松下氏でも、幸福になるための真理は共通しているということを学ぶことができ、参加者の皆様もたいへん勉強になった事と思います。 ありがとうございました。
(文責:中宏文)

朝早く起きて、活動する「朝活」がブームになっています。「朝を制する者は人生を制する」という言葉があるように、朝の時間には秘められたパワーがあります。
ぜひ予定に入れてご参加下さい。社長、管理職、社員さんも一緒にどうぞ!

倫理経営講演会のご案内と き:平成25年6月12日(水)
        講演会18:00~20:00
        懇親会20:10~

ところ:高知商工会館(会館内 駐車場無料)

会 費:2,000円(講演会のみ)
        5,000円(講演会・懇親会)

≪第一部≫
講師:沖縄県倫理法人会 事務長 仲村靖氏
演題:「苦難に学ぶ」

≪第二部≫
講師:社団法人倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー
山﨑貞雄氏
演題:「日本創生の心」- 運命は自らまねく -

お問い合わせ:高知県倫理法人会
TEL 088-878-7353

詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。
高知市倫理法人会 倫理経営講演会のお知らせ(PDFファイル)

 

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

5月23日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

BGM高知株式会社 取締役社長西山明邦氏  

仕事で入った倫理

無料


7:05~ (ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ 会費100円)


----------

次回5月23日(木)は、西山明邦氏(高知市倫理法人会 事務長)による体験発表をいただきます。倫理法人会では、記念すべき初スピーチとなります。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。














----------

前回5月16日(木)は、(有)ルゥハウス 代表取締役 宮本勝年(みやもと かつとし)氏(熊本北倫理法人会 普及拡大委員長)より「親父(ちち)への90日葉書実践」をテーマに講話をいただきました。


―――――――

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

5月16日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

(有)ルゥハウス 代表取締役宮本勝年氏  

「親父(ちち)への90日葉書実践

無料


7:05~ (ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ 会費100円)


----------

5月16日(木)は、(有)ルゥハウス 代表取締役 宮本勝年(みやもと かつとし)氏(熊本北倫理法人会 普及拡大委員長)の事業体験発表です。

平成7年から建設業を行っていた宮本氏は、平成17年に廃業を余儀なくされました。しかし、平成19年に倫理法人会入会。倫理経営を実践することで、会社復活をすることができたそうです。

今、最も厳しい業界の一つである「建設業界」の中で生き残るヒントは?

「目からうろこ」の事業体験を惜しみなく発表していただきます。













----------

前回5月9日(木)は、医療法人ソフィア ソフィアデンタルクリニック 理事長 濵田正人氏(高知市中央倫理法人会)より、「口福(こうふく)」をテーマに講話をいただきました。(参加者総数23名)。


―――――――



 

日時


場所

講師 

テーマ 
会費
問合せ

平成25年5月15日(水)
講演:18:30~19:30 (受付は18:00より)
懇親会:19:30~ (無料)

高知商工会館(会館内 駐車場無料)

(有)ルゥハウス 代表取締役 宮本勝年氏 (熊本北倫理法人会)

廃業と離婚、追い込まれて得るもの、逃がすもの

講演・懇親会ともに無料
倫理法人会事務局
TEL088‐878‐7353
FAX088‐878‐7355

----------

 5月15日(水)は、(有)ルゥハウス 代表取締役 宮本勝年(みやもと かつとし)氏(熊本北倫理法人会 普及拡大委員長)の事業体験発表です。

平成7年から建設業を行っていた宮本氏は、平成17年に廃業を余儀なくされました。しかし、平成19年に倫理法人会入会。倫理経営を実践することで、会社復活をすることができたそうです。今、最も厳しい業界の一つである「建設業界」の中で生き残るヒントは?「目からうろこ」の事業体験を惜しみなく発表していただきます。

まだ出欠のお返事のされていない方でも飛び入り参加大歓迎ですが、懇親会に参加される方は、お食事の準備がありますので、5月14日(火)までにご連絡いただけたらうれしいです。


―――――――

 

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

5月2日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

中国・四国方面長濵田正人氏  

口福(こうふく)

無料


7:05~ (ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ 会費100円)


----------

 次回5月9日(木)は、歯科医師 濵田正人氏(高知市中央倫理法人会 会員)による体験発表をいただきます。倫理法人会では、記念すべき初スピーチとなります。

 いつも謙虚で温厚な濵田氏。しかし、現在の歯科医院を開業し、軌道に乗せるために多くの苦難を乗り越えてきたことでしょう。濵田氏の「目からうろこ」の事業体験を惜しみなく発表していただきます。ご期待下さい!

 多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。












----------

前回5月2日(木)のモーニングセミナーは、社団法人倫理研究所 有坂宏一方面長より「十七箇条を学ぶPart2」をテーマに講話をいただきました(参加者総数23名)。


―――――――


 4月25日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、高知市議会議員 竹村邦夫氏(高知市倫理法人会 研修委員)より『心の借金』と題して講和を行なっていただきました。



 まずは中越会長から「24日の大雨の中、営業のため安田町から馬路村への車での移動中、危なく土砂崩れに巻き込まれるところでした。いくら仕事のためとはいえ、大雨の中、向かってはいけない場所へ向かった事は反省すべきであり、いい教訓になった。」との挨拶がありました。


 20130425a.jpg続いて竹村氏の講話です。竹村氏は、ホテルマンでいたこともあり、一対一での対話は得意ですが、講話については苦手とのお話がありました。


まず、講話のタイトルの「心の借金」について、選挙に出る時、また出た後に「心の借金」について感じたとの事でした。感じた内容とは、おばあちゃん、おじいちゃんを始め、色々な方々から応援、力をいただき、当選することができた。その応援、力、1票の重みを強く感じ、何かの形で返さなければならない。そういった思いが「心の借金」という言葉の意味との事でした。


 さて、ホテルマンであった竹村氏がどうして市議会選挙に挑戦することになった理由について、ホテルマンとしての仕事は順調であり、このまま勤務すれば総支配人となる予定であった。そんな中、娘二人が同時期に嫁ぎ、ほどなくして孫が生まれた。
 仕事、プライベートとも順調であったが、その反面、これからの子供、孫のために何ができるか、何がしてあげられるかをというのを倫理の学びを通じて強く感じた。自分にできることは何か、と考えながら、今までのホテルマンとしての経験を生かし、自分にできることは観光だ。と思われたそうです。
「これからの高知市の為に観光客を呼びたい。」
との純粋できれいな心で市議会選挙に手を上げたとの事でした。
 20130425b.jpgそれから選挙活動を行いますが、その選挙活動で一番辛かったことは、選挙での挨拶廻りをすると、今まで仲間と思っていた人間からでさえ、冷たい目で見られる事があったようです。2期目となった現在では、そういった人間は少しずつ減り、反対に竹村は頑張っていると評価していただくことも増えてくるようになり、「心の借金」をお返しできているという実感を得る事が出来てきたようです。

 選挙活動をするたびに増える「心の借金」。借金すればする程にお返しができる「心の借金」は、とても心地良い借金だともおっしゃっていました。
 竹村氏から選挙出馬の裏話を聞かせていただきました。

 20130425c.jpgお勤めであったホテルに選挙に出ると話したら大変驚かれたとの事です。先ほども述べましたが、竹村氏は、次の総支配人の地位が約束されており、その地位を棒に振ってまで選挙に出たいという気持ちは理解されなかったようです。その為、竹村氏は、会長、社長に選挙に対する熱い気持ちを語り、なんとか理解してもらうことができたようです。竹村氏の仕事への取り組みや功績もあり、ホテル側としては1年間休職扱いをして落選すれば戻ってくればいいとの申し出があったようです。
 しかしながら、当初から退職するつもりでもあり、また、休職扱いとなると気持ちが弱くなるとの思いから、その申し出を断ったとの事でした。



最後に竹村氏から、キャッチフレーズにもなっている「困ったときは竹村を呼べ」との言葉をいただき、講話を締めていただきました。


苦手と言われていた講話でしたが、周囲を惹きつける話術であっという間に時間が過ぎ、大変内容の詰まった講話で大変勉強になりました。有難うございました。      
 (分責 濱田洋光)

 4月18日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、(株)けんかま 浦岡 之裕氏(高知土佐倫理法人会 MS委員長)より『前向きに生きる』と題して講和を行なっていただきました。

 20130418a.jpgまずは中越会長から、先日もしやということで救急車で病院に行きましたが、幸い何事もなかったですが、「経営者は皆さん無理をしている。一番大事なのは自身の体である。頭が痛い、胸が痛い等の症状は一刻を争う場合があるので、すぐに病院にいきましょう。」というお話がありました。


20130418b.jpg

 会員スピーチは高知東の久松広報副委員です。「先日の淡路地震の時、大阪で揺れを体験しました。いつどのようなことに成るか解からない人生、毎日を悔いのないように過ごす大事さを改めて感じました。」とお話いただきました。 

20130418c.jpg続いて浦岡氏の講和です。浦岡氏は高知中、高卒業後福岡の大学に進学、卒業後高知に帰ってきて、社会保険事務所に就職しましたが、初めて仕事で、社会の厳しさを痛感します。仕事をし給料を頂くということは甘い考え方では通用せず、3ケ月で転職します。しかしこの3ケ月の経験が、その後の仕事に対しての取り組み方を変え、スーパーで4年間働いた後父親の経営する(株)けんかまに就職しました。

けんかまでは性格的には向いていないと思う営業職をしていますが、得意先回りも回数を重ねる事によって、お客様との関係も築けるようになってきました。
父親の会社ということで、理不尽に叱られる事がありますが、今日のテーマでもあります「前向き」に捉えるようにしているそうです。自身の短所と思う部分も、それを長所とする、例えば、『積極性に掛ける』→『物事に慎重である』 『口下手』→『誠実な口調』など前向きに捉えることで、落ち込むことがあっても、また前を向いて進むことができます。
 倫理法人会に入会して、環境で人間は変わるということを実感しているそうです。先輩経営者の方々と話をすることによって、自分もレベルアップできている。また商売の目的や方向性についても考えられるようになってきました。
 現在の趣味は自転車で、休みの日には100kmにも及ぶサイクリングもしているそうです。自転車は景色を眺めながら、1人で考える時間を取れること、走りきった後の達成感、また道中で出会う人やドラマそういう時間がまた仕事への活力となっているそうです。

20130418e.jpg 倫理法人会では青年委員も経験、今年度からはMS委員長として活躍されている浦岡氏、今後高知土佐倫理法人会の中心メンバーとして活躍されることでしょう。

MS御参加の皆さんご清聴ありがとうございました。
(文責 東村英幸)

Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ