最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2013年03月

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

3月28日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

有限会社清和ファーム代表取締役矢野昭彦氏  

特別ゲストスピーチ!

無料


100円(ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ)


----------

次回3月28日(木)は、高知市春野町にて園芸販売を行っている㈲清和ファーム 代表取締役 矢野昭彦氏による体験発表をいただきます。

倫理法人会は、社長、管理職、社員さんが一緒に勉強出来る唯一の異業種の会です。
特に、モーニングセミナーは、「心をプラスに転換する場」です1週間に1回は、自分の「心の車検」を受けましょう。
様々な業種・業態の人たちが集まり、交流することは、経営者、社員の皆様にとって良い刺激となります。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。








----------

前回3月21日(木)のモーニングセミナーは、高知県青年農業士尾原由章氏(土佐あき青壮年部土居地区部長)より、「農業(施設園芸)の現状とこの先!」をテーマに体験発表がありました。


―――――――


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

3月21日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

高知県青年農業士尾原由章氏  土佐あき青壮年部土居地区部長

農業(施設園芸)の現状とこの先!

無料


100円(ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ)


----------

次回3月21日(木)は、安芸市のピーマン農家 尾原由章氏による体験発表をいただきます。

高知県知事が認定した「青年農業士」は、農業の近代化をはかり、個別経営として自立するとともに、地域農業の先導的役割を果たす役目があります。

常に試行錯誤しながら、近代的農業技術、経営管理能力を高めている尾原氏は、次代を担う農業青年の中心的な存在となっています。

きっと「目からうろこ」の事業体験発表が聴けるでしょう。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。







----------

前回3月14日(木)のモーニングセミナーは、「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」をテーマに体験発表がありました。


―――――――


3月7日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、東邦フィルム株式会社 代表取締役社長 三谷郁彦 氏(徳島眉山倫理法人会 相談役)より、『続けることの大切さ』と題して講話を行っていただきました。



 まずは、中越会長より、元大相撲力士の大鵬氏の話を例にして「人生は何が起こるかわかりません。何事にも真摯でないといけません」と挨拶されました。


 そして、三谷氏の講話です。氏は、高知へは20年にわたって仕事で頻繁に訪れていますが、今回初めてゆっくりと過ごせた、とのことでした。



■「母との約束」

 三谷氏のお母様は、大病を患い、入院生活を送っていました。入院中には大きな地震にも遭遇し、一人で怖い思いをさせてしまったこともありました。
 やがて病気が進行し、意識がなくなる直前に、お母様から「ありがとう」と言われたそうです。これまで、そんなことを言われたことが無かったそうです。
 お母様はその後意識がなくなりました。おそらく最後の力を振り絞って、息子に感謝の言葉を伝えたかったのだと思います。亡くなる前には、お母様と「父の面倒をみる」と約束しました。



■「父との約束」

 お母様が亡くなり、一人暮らしとなったお父様に対して、三谷氏は、「毎日、朝一緒にご飯を食べよう」と決めたそうです。
 ご飯はお父様が炊き、料理の得意な三谷氏は味噌汁とおかずを作りました。そしてお兄様の孫とで、毎朝三人でご飯を食べることになり、お母様との約束を守ることができました。

 ある時、お父様が具合が悪くなって、病院に連れて行くと、大病を患っていることが判明。手術をすることになったそうです。7~8時間にわたる大変な手術になることが予想されました。手術前のお父様は「ゴルフはできるんか?」と心配していたそうです。
 そして、いざ手術室に入ると、わずか30分で手術は終了。開始後まもなく手術は不可能だと判断されたそうです。

 「しんどいと思うけど、静養してれば治る」
三谷氏は、病気の事はお父さまには隠そうと決意し、言葉が詰まりそうになりながらも明るくそう言いました。

 看病している間に、三谷氏自身も身体に異常をきたし、血圧が170-110になっていましたが、なんとか病院で治療を受けて命拾いすることができたそうです。

 やがて、お父様は微熱が続き、三谷氏に対して「ありがとう」と言った後に意識が亡くなりました。お父様とは「兄弟仲良く、ご近所さんにも迷惑をかけない」と誓いました。


■続けることの大切さ

 経営の方は順調に伸びていき、建屋を増築するために土地を購入するまでになりました。
 ところが、やっかいなトラブルが発覚しました。一時は心が折れそうになりましたが、しかし「これも一つの縁」と考え直し、社員にも隠すことなく話し、「ご近所様にも迷惑をかけないように」と伝えました。
 そして、実践として近所の掃除を30分行うようになり、それをひたすら続けました。三谷氏は言います。「自分が決めたことを、大切な人と約束したことは守れる、と肌に感じながら、実践を続けること。
皆の心を揺り動かす源はそれであります。」「倫理は、社会にとって大切であると実感しています。これからが修行です。倫友に支えられるのが一番の幸せです。」と述べられ、「この話が皆さまの心に残れば幸いです」と、締めくくって頂きました。


 お母様、お父様との約束を真摯に守り、実践を続けていく三谷氏の講話は、参加された皆さんの心に深く残ったと思います。貴重な体験談をお話し頂きありがとうございます。
(文責 中宏文)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

3月7日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

東邦フイルム(株)代表取締役 三谷郁彦氏 

続けることの大切さ

無料


7:05~(会場内でパン&コーヒーとホットなお話 自己負担100円)


----------

次回3月7日(木)は、東邦フイルム(株) 代表取締役 三谷郁彦(みたに ふみひこ)氏(徳島眉山倫理法人会 相談役)の事業体験発表を頂きます。

昭和47年4月創業の東邦フイルム㈱は、合成樹脂フイルムの加工ならびに販売(包装資材製造販売)を行っています。

三谷氏は、二代目社長として「お客様第一を原点に、常に公明正大謙虚な心で仕事にあたり、天を敬い、人を愛し、仕事を愛し、会社を愛し、社会を愛する心でありたい」を経営理念とし、誠意・熱意・創意で何事も勇気をもって挑戦し続ける会社を目指して努力されています。

モーニングセミナーは、経営者の「目からうろこ」の事業体験発表が聴ける唯一の勉強会です。一歩勇気を出してご参加下さい。継続は力なりです。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。






----------

前回2月28日(木)は、(株)コーケン綜合企画 代表取締役 宗圓寛司氏より、「成功者でなくても倫理!」をテーマに講話をいただきました。(参加者総数21名)。

―――――――


2月28日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、(株)コーケン綜合企画 代表取締役 宗圓寛司氏(高知市中央倫理法人会 普及拡大委員長)より、『成功者でなくても倫理!』をテーマに、ご自身の実体験を赤裸々に語っていただきました(出席者総数21名)。

 

 20130228a.jpgまずは、中越会長より、「倫理法人会に入会したいけど会社の許可が下りないと言う人がいました。私は、その人に月一万円の会費は自己投資と思って自分で出して勉強するべきではとお話しさせて頂きました。モーニングセミナーは自分を変える訓練の道場です。これからは朝起き一つ出来ないようでは生き残れません。」と力強く挨拶されました。

 会長挨拶の後、小笠原泰英氏(高知県倫理法人会 副事務長)の会員スピーチです。

 小笠原氏は、常に「苦難は幸福の門」を実践されているそうです。20130228b.jpg 「実りある人生にするために苦難も必要です。弱音を吐くことがあっても常に陽転思考でいれば、当たり前のことに感謝出来るようになります。そして困難が解決すると、ありがとうございますという気持ちにもなります。例えば、布団の中で寝ていることでも感謝するようになりました。寝ている人は夢を見ています。モーニングセミナーに参加している人は夢が叶います。」と大変興味深いスピーチでした。



 次に、本日の講師である宗圓氏の登場です。

「今日のスピーチの前に、モーニングセミナーに参加した5年間の記録を見返ししていました。この倫理の勉強は自分を変える勉強です。最近私は怒ったことがありません。"これでいいんだ"と気持ちを切り替えています。」



 
20130228c.jpg
宗圓氏は、昭和25年高知市池で誕生しました。

「小学校4年生のとき、姉が事故で他界しました。その時の両親の悲しみは、今、私が親となって初めて、親が子に先立たれる苦しみ・絶望感がわかってきました。」



 宗圓氏は、19歳で家出をしたそうです。

「私は両親に家出をする前に、19年間私を育ててくれたことに自信があったら私を探さないで欲しい。」と言って飛び出ました。

ご両親は、3年間宗圓氏を探さなかったそうです。



 その後、結婚し、27歳で独立しました。資本金300万円で会社を設立し、通信機関係の代理店として、営業、工事、保守をされていたそうです。

「最初は順調でしたが、会社の業績が下がり始めると、資金繰りに苦労しました。多額の負債をかかえて、逃げようか、死ぬか、債権者に謝るかのどれにしようかと腹をくくり、謝ることにしました。人間、捨てきる時は捨ててしまうと腹をくくることが出来ます。」



「多額の負債を3年間で返さなければとそればかり考えていました。借金取りも来ましたが払ったら払えなくなるので、ひたすら謝り続けました。」

20130228d.jpg 宗圓氏は、現在、不動産業を行っています。

「19歳で家出をし、55歳で高知に帰ってきました。高知では、東京の人に高知の田舎物件を売っていますが、高知と東京の人との価値観の違いがあり、東京の人はあまり安すぎるとおかしいと疑います。」



「不用品の回収の仕事もしています。日々の仕事の中で"ありがとうございます"を繰り返し言っています。自分で"これでいいんだ"と思うと何でもやれます。」



「倫理で儲かるのかとよく聞かれます。毎月一万円の会費を払っても、自分の気づきのための勉強ですので十分価値があります。小さな成功の積み重ねをすることで、一歩一歩前に進んでいきます。」



 最後に、笑いと健康のための"笑いヨガ"を教えて頂き、参加者全員で大いに笑うことが出来ました。
宗圓氏のますますのご活躍を期待しています。


20130228f.jpg  モーニングセミナーの後、会場内にて宗圓氏を囲んで朝食会を開催しました。

早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。


文責 久万田 昌弘





 

日時


場所

講師
 

テーマ 
会費
問合せ

平成25年3月6日(水)
講演:18:30~19:30 (受付は18:00より)
懇親会:19:30~ (無料)

高知商工会館

徳島眉山倫理法人会相談役 
東邦フイルム株式会社代表取締役社長 
三谷郁彦法人レクチャラー

倫理に出逢えて・・・

講演・懇親会ともに無料
倫理法人会事務局
TEL088‐878‐7353
FAX088‐878‐7355

----------

 3月6日(水)は、東邦フイルム㈱ 代表取締役 三谷 郁彦(みたに ふみひこ)氏(徳島眉山倫理法人会 相談役)の事業体験発表を頂きます。

昭和47年4月創業の東邦フイルム㈱は、合成樹脂フイルムの加工ならびに販売(包装資材製造販売)を行っています。
 三谷氏は、二代目社長として「お客様第一を原点に、常に公明正大謙虚な心で仕事にあたり、天を敬い、人を愛し、仕事を愛し、会社を愛し、社会を愛する心でありたい」を経営理念とし、誠意・熱意・創意で何事も勇気をもって挑戦し続ける会社を目指して努力されています。

 また翌朝7日(木)6:00に、ホテル日航高知旭ロイヤルにて、三谷郁彦氏をお招きしモーニングセミナー「続けることの大切さ」を開催いたします。どうぞご参加ください

 まだ出欠のお返事のされていない方でも飛び入り参加大歓迎ですが、懇親会に参加される方は、お食事の準備がありますので、3月6日(水)のお昼までにご連絡いただけたらうれしいです。


―――――――

 

Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ