最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2013年01月

 1月24日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、(株)土佐龍 代表取締役 池 龍昇氏(高知土佐倫理法人会 会長)より『物はこれを生かす人と企業に集まる』と題して講和を行なっていただきました。

 まずは中越会長から「この寒い中、布団の温かさに打ち勝って出席された皆さんの会社は必ず繁栄します。」と力強く挨拶がありました。 

20130124a.jpg 続いて池氏の講和です。池氏が経営されている(株)土佐龍は、高知県のヒノキを原料に木工品の作成、販売をされている会社です。
 四万十川流域のヒノキを『四万十ひのき』と名付けアイデア豊かな製品を作り出し、全国に販売されています。
 41年間の会社経営、16年間の倫理法人会活動を通しての経営学、人生学を4項目に分けて語っていただきました。

 (1) 樹木は寒い冬の時期、地中で根を伸ばす
木を扱う仕事であり、自然から教わることも多い池氏は、樹木を会社に喩えると枝葉は社員、幹は幹部、根が社長であるといいます。
 春から秋にかけては地上部が活動する時期であるが、根は冬に動きます。根の先は根冠といい、非常に柔らかく土や岩の間を通って伸びていく。
 硬い根は伸長できず、企業にとって不景気(冬)の時に根を伸ばすには、柔らかな心(純情)でなくてはならない。
 松下幸之助氏も「小学5年生の心で会社経営にあたっている。なぜならその頃が一番素直な心を持っているからである。」と言ったそうでありるが、やはりトップの純情な心が会社繁栄の原点ではないかと考える。



(2) 座右の銘(照顧脚下)

 イギリスの家具職人の息子サミエル氏は、お金持ちになる夢を持って日本に来たが、何をすればいいか解からず、波打ち際の貝殻を見つけ、それを母国に送って家具を装飾したところ大ヒット商品となった。その後街灯が植物油で大変暗かったのを見て、鉱物油を輸入し大成功、現在のシェル石油となった。
 この話のように常に自分に与えられた物に感謝の気持ちで光を当てれば、そこに今まで気付かなかった発見があるものである。



(3) 摘み取る人生、繋ぎたす人生20130124b.jpg
 「運命は人の出会いで決まる」 常に自身を磨くことが必要である。
 自分を磨かないと磨かれた人と出会うことが出来ない。トップは常にチャレンジすること、これにより次へ次へと繋ぎたす人生を送ることが出来る。
 今の苦労は将来必ず報われるものである。



(4) 私なりの倫理経営

 池氏の実践の中で、社員との朝礼ではトップとしてのあるべき姿を示すよう心がけているそうです。一度始めたことは続けること、いい意味でも悪い意味でも「社長は言い出したら聞かん」と思われるぐらいでないと社員はついてこない。
 また普及は宝であるといいます、普及に行っていろいろな経営者の方と話をする中で、やはりYES,NOの返事の仕方や速効性で経営者の質を感じ取れ、これを自身に置き換え気付きを得ることが出来るそうです。

20130124c.jpg いくつかの例話を元に非常に解かりやすく、思い語られ「これからもまだまだ学び、そして実践してゆきます。」と力強く講和を締めくくっていただきました。


20130124d.jpg
 高知土佐倫理法人会メンバーが中心となって須崎の「鍋焼きラーメン」が、1月26日より新横浜ラーメン博物館に進出することになりました。池会長をはじめ皆さんの全国区での活躍を期待します。
(文責 東村英幸)



 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

1月31日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

株式会社 優樹 代表取締役 下野政城氏 

物はこれを生かす人と企業に集まる

無料

7:05~ (ホテル22階のバイキング 参加自由 自己負担 500円)

----------

次回1月31日(木)は、(株)優樹 代表取締役 下野政城氏(高知東倫理法人会 研修委員長)による体験発表をいただきます。

いつも元気はつらつな下野氏。しかし、その裏では多くの苦難を乗り越えてきたことでしょう。
下野氏が倫理と出会ってどのように自分を変えて言ったのか、下野氏の実体験を惜しみなく発表していただきます。

モーニングセミナーは、「心をプラスに転換する場」です。
1週間に1回は、自分の「心の車検」を受けましょう。
様々な業種・業態の人たちが集まり、交流することは、経営者、社員の皆様にとって良い刺激となります。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。




----------

前回1月24日(木)のモーニングセミナーは、(株)土佐龍 代表取締役 池 龍昇氏(高知土佐倫理法人会 会長)より講話がありました(参加者総数24名)。

―――――――


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

1月24日(木) 朝 6:00~7:00(受付 朝5:30より)

ホテル日航高知旭ロイヤル (ホテル内 駐車場無料)

株式会社 土佐龍 代表取締役 池龍昇氏 

物はこれを生かす人と企業に集まる

無料

7:05~ (ホテル22階のバイキング 参加自由 自己負担 500円)

----------

次回1月24日(木)は、(株)土佐龍 代表取締役 池 龍昇氏(高知土佐倫理法人会 会長)による体験発表をいただきます。

高知県・四万十川流域のヒノキを「四万十ひのき」と名付けたのは、池龍昇氏。四万十ひのきを知り尽くし、アイデア豊かな製品をつくり出す企業「土佐龍」を育て上げた職人社長です。高知県は何と言っても日本一のヒノキの産地。丈夫で抗菌作用が長続きする優れた素材が池氏の周りにはたくさんあります。「モノはこれを生かす人と企業に集まる。生かすことによって人も企業も生かされる。」をモットーに、池氏は酸素や水を育んでくれた木に心から感謝して無駄なく丁寧に使っています。池氏が倫理と出会ってどのように自分を変えて言ったのか、池氏の実体験を惜しみなく発表していただきます。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。



----------

前回1月17日(木)のモーニングセミナーは、(株)ニチイ車輛 代表取締役 豊田 圭宣氏(倉敷市倫理法人会 会長)より講話がありました(参加者総数20名)。

―――――――


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

1月17日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

(株)ニチイ車輛 代表取締 豊田圭宣氏 (倉敷市倫理法人会 会長)

倫理実践と不思議な体験

無料

7:05~ (ホテル22階のバイキング 参加自由 自己負担 500円)

----------

次回1月17日(木)は、前夜に引き続き、(株)ニチイ車輛 代表取締役 豊田圭宣氏(倉敷市倫理法人会 会長)による体験発表をいただきます。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

また、モーニングセミナーのあとは、会場内にて、おいしいパンとコーヒーで朝食会(無料)を開催しています。皆様とホットなお話で盛り上がりましょう。

----------

前回1月10日(木)は、清和アグリス(株) 代表取締役 東村英幸氏より、「倫理との出会い=人との出会い」をテーマに講話をいただきました。(参加者総数26名)。

―――――――




 

日時


場所

講師 

テーマ 
会費
問合せ

平成25年1月16日(水)
講演:18:30~19:30 (受付は18:00より)
懇親会:19:30~ (無料)

高知商工会館

(株)ニチイ車輛 代表取締役 豊田圭宣氏 (倉敷市倫理法人会 会長)

純粋倫理と出会って氣づいたこと

講演・懇親会ともに無料
倫理法人会事務局
TEL088‐878‐7353
FAX088‐878‐7355

----------

 1月16日(水)は、(株)ニチイ車輛 代表取締役 豊田 圭宣(とよた けいせん)氏(倉敷市倫理法人会 会長)の事業体験発表を頂きます。
昭和52年の創業以来、地域に根ざしたカーディーラーとして、中古車・新車販売、車検、修理、板金・塗装、カー用品販売、保険代理業を行っています。
豊田氏は、二代目社長として「よりよい会社であろう」を経営理念とし、お客様に必要とされる会社、仕入先に感謝される会社、そしてそこに働く社員にとって誇れる会社を目指して努力されています。

 まだ出欠のお返事のされていない方でも飛び入り参加大歓迎ですが、懇親会に参加される方は、お食事の準備がありますので、1月16日(水)のお昼までにご連絡いただけたらうれしいです。


―――――――

 

 1月10日(木)今年最初のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、清和アグリス株式会社 代表取締役 東村英幸氏(高知市倫理法人会専任幹事)より、『倫理との出会い=人との出会い』と題して講話を行っていただきました。
  まずは、中越会長より、「今年も倫友を増やし、共に繁栄していきましょう」と力強く挨拶されました。

続いて、東村氏の講話です。氏は、野菜や花の苗の製造・販売、農業資材の販売などを行う会社の代表取締役をされています。高知県の園芸に貢献しているという自負を持ってほしい、と社員やパートの皆さんに伝えているそうです。
  
 
20130110a.jpg
■プロフィール
 東村氏は、昭和42年生まれ。実家が農業をされていて、お兄様が跡をつぐことになっていたそうです。
 高校は、農業高校に入学。両親から「いい大学にはいって、公務員か会社員になるように」と言われていたものの、高校では農業の授業ばかりで、大学受験に向けた授業内容ではありませんでした。そこで、推薦入学を狙い、まじめに勉強・クラブ活動を行い、無事に県外の国立大学に推薦を得ることができました。
 大学ではトマトの研究を行ったそうです。卒業後は、「高知に帰って栽培をしたい」という希望を叶えるために、離島以外では日本最小の村であった大川村の『ふるさと村公社』に入社しました。村では、仕事や遊び・消防団やママさんバレーなど全ての行事に参加したそうです。
 
20130110b.jpg
村で数年間すごした後、将来のことも考えて高知市に帰ってきました。農業をやりたい、という目標があり、実家の農業を継ぐことも考えたそうですが、「兄弟が、同じ仕事を同じ家で行うと弊害がある」というご両親の考えもあって、家には入らず就職先をさがしました。

 そして平成7年に、野菜などの生産部門「ファーム」がある現在の清和アグリスに入社しました。

 農場勤務が希望だったのですが、まずは事務をやれと言われました。それまでパソコンも使ったことがなかったそうですが、2年間事務の仕事を行い、パソコン教室に通ったり、簿記の資格をとったりしました。事務の後は外にも出るようになり、4年間県内全域をまわり、会社とは、商売とは、仕入れ先との関係とはこういうものか、ということを学びました。


 そんな東村氏に転機がおとずれます。平成17年に、先代社長が死去。親会社との資本関係もなくなり、それまで扱っていた商品取引も解消することになりました。そのときお客様から、「商品がかわっても東村君から買うよ」との言葉を頂き、たいへん元気付けられました。そして育苗事業を中心に立て直しを図り、営業を任されて半年後に、仕入れ先や商品を構え、体制を整えて新しいスタートを切りました。

 
20130110c.jpg■苦難との遭遇

 先代が亡くなるまでは、社員としてひたすら自分と家族のために無心で営業の数字をあげていればよかったのですが、会社を任され、借入も自分で責任を持ってやるという立場に立たされました。売り上げを上げなければ、会社も、自分も家族もつぶれてしまう、という不安とプレッシャーの日々だったそうです。
 「自分がやらなければ」という思いが強くなりすぎ、交通違反や細かな事故も増えてきて、それが社員達にも広がりはじめました。


 そんななかで平成19年にたいへん大きな苦難に遭遇してしまいました。事の大きさに心が折れそうになりましたが、仕入れ先やお客さんから励ましの言葉を頂き、なんとか事後処理を終えることができ、再び前向きになることができました。お客さんに恵まれていたことに対して、とても感謝をしているそうです。


20130110d.jpg■倫理について

 平成20年に清籐会計事務所からの紹介で、入会しました。平成23年にはモーニングセミナー委員長、平成24年には専任幹事に就任。毎週日曜日には家庭倫理の会にも出席しています。


 入会当時は、顔の表情が怖かったそうですが、「笑顔になった」と同会会員の池さんから言われたそうで、入会してからいろいろと自分自身が変わったところがあるそうです。
 モーニングセミナーでは、二宮尊徳七代目子孫中桐万里子さん、久万田元会長の講話などが聴けて、また松下幸之助さんや稲盛和夫さんの話等も聴くことができ、とても勉強になるので、入会して良かったと感じています。
 また、平成23年には富士高原研修所にも参加し、先祖との関わりとか多くの事を学びました。さらに次の4つの誓いも立てました。


 1、妻や家族へ感謝する

 2、大きな声で社員に挨拶する

 3、目が覚めたとき、感謝の心で起床する

 4、幸せのレールに乗っているイメージを持って、楽しい人生を歩む

 多くの学びが得られ、実践方法を知ることができ感謝しているそうです。



■最後に

 「倫理で学んでいると、たとえレールから外れたとしても、毎週のモーニングセミナーで軌道修正ができます。これからも皆さんと共に、倫理を通して幸せのレールに乗ったまま、次の目標に邁進してこれからの人生を歩んでいきたいです」と締めくくって頂きました。



 
20130110e.jpg
 高知市の専任幹事として、皆から信頼されている東村さんの、苦難体験からの克服のお話を伺い、参加された皆さんも感動していました。貴重な体験談をお話し頂きありがとうございます。
(文責 中宏文)


 12月27日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、濱田洋光行政書士事務所 所長 濱田洋光氏より、『サラリーマン~倫理~行政書士→そして伝えたい事』をテーマに講話をいただきました(出席者総数20名)。

 

20121227a.JPG まずは、中越会長より、「あっという間に今年も終わろうとしています。いろんな意味で来年3月までが勝負。しっかりと足下を固めて今日も元気に頑張りましょう。」と力強く挨拶されました。 
 
 次に本日の講師である行政書士 濱田洋光氏の登場です。行政書士とは、一言で言えば「あなたの街の法律家」です。仕事の内容は、相続関連の書類作成、遺言状作成のお手伝い、各種許認可申請の手続き等、ビジネスや生活の様々な悩みを解決していきます。



 濱田氏は、もともとは兵庫県姫路市の生まれです。小学3年生の時に高知に移り、現在に至っています。

 地元の高校を卒業後、高知市内のブティックに就職しました。理由は、始業時刻が遅かったからだそうです。


 「私は朝が苦手ですので、始業時刻が遅いブティックを選びました。しかし、一生働ける会社、定年まで安心して働ける会社の方がいいと思い、平成11年に総合印刷、洋紙板紙販売等を手掛ける会社の高知営業所に転職しました。」



 安定を求めて転職したのにどうして退職したのか。


 「待遇面では準公務員並みのとても良い会社でした。しかし、景気低迷の中、給与がだんだん下がり始め、入社11年目の給与より、入社4年目の給与の方が多いことに気が付きました。営業マンとして会社の売上に貢献してきたつもりでしたが、今まで自分は何をやってきたのか疑問に思い始めました。」



 しかし、収入が少なくても生活が安定していればいいと思うこともあったそうです。


 「営業で訪問した(株)伸光堂の中越会長から人生とは何か、会社経営とは何か等、多くのことを教えていただきました。とても刺激的なお話をいただくうちに、何か行動を起こしたい気持ちが膨らんできて、悶々とした日が続きました。」



 その時濱田氏は、思い切って奥様に相談したそうです。


 「家内から、一生使える国家資格を取ったら良いと言われ、いろいろな資格を調べる中で、行政書士と出会いました。」


 「さっそく行政書士の通信教育を申込み、受験勉強がスタートしました。仕事が終わった後、夜の11時頃から朝の2時、3時までの受験勉強は大変でしたが、法律の勉強がとてもおもしろくて自分に合っていると思うようになりました。土曜日、日曜日は一日中勉強していました。」


20121227c.jpg
 「第1回目の試験は、受験勉強を始めて半年後だったので準備不足のため不合格となりました。合格に何が足らなかったのか反省し、平成23年には必ず合格して平成24年度中に開業すると心に誓いました。」



 「第2回目の試験の直前の9月に中越会長から倫理法人会を紹介していただき、すぐに入会させてもらいました。倫理法人会の会員さんは、みんな前向きな考え方をしており、とても刺激を受けました。」

 「第1回目の試験の時は、試験会場で私の周りの受験生の90%は落ちると思っていましたが、第2回目の試験の時は、"逆転の発想"でこの中で10%も合格すると思い、自信を持って試験に臨むことができました。」



 合格発表の後、開業に向けて準備を進めていましたが、定期的な収入を捨てるのは抵抗があったそうです。


 「倫理法人会のモーニングセミナーで、毎週、経営者の成功体験を聴くことで私の決意が固まってきました。とくに同じ士業である社会保険労務士の久万田氏が第一線で活躍している姿を間近で見ることが出来て、とても影響を受けました。」



 「会社には、退職3ヵ月前に退職の意思を伝えて円満に退職出来ました。平成24年9月に行政書士事務所を開業し、現在開業4ヵ月目となっています。」


 「街の法律家として様々な相談業務を行っています。特に遺言書がないために相続で問題になるケースが一番多いです。相続についての問題となる前に遺言書によって、ある程度問題を回避することが出来ます。ぜひ元気なうちに遺言書を書いて置きましょう。私は財産がないから大丈夫と思っても、土地や建物をお持ちであれば十分に相続問題に発展する恐れがあります。」



 最後に、「伝えたいことの10分の6.5くらいしかお話が出来ませんでしたが、中越会長に倫理法人会への入会を勧めていただき、本当に感謝しています。脱サラをして開業1年生ですが、成功している経営者と切磋琢磨し、これからも努力していきます。」と力強く語っていただきました。


 45分間という短い時間でしたが、濱田氏の温厚なイメージとは正反対な強い決意をエネルギッシュに熱弁をふるっていただきました。開業時の不安と感動を忘れずにこれからも"誰にも負けない努力"を続けて下さい。

濱田氏の今後の益々のご活躍を祈念いたします。

20121227d.jpg
モーニングセミナーの後、会場内で濱田氏を囲み、おいしいパンとコーヒーで朝食会を開催しました。



早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
(文責:久万田昌弘)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

1月10日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

清和アグリス株式会社 代表取締役 東村英幸

倫理との出会い=人との出会い

無料

参加自由 会場内無料
ホッとな話と、美味しいパンとコーヒーをご一緒にどうぞ。

----------

次回1月10日(木)は、今年最初のモーニングセミナーにふさわしい、清和アグリス株式会社 代表取締役 東村英幸氏(高知市倫理法人会 専任幹事)による体験発表をいただきます。
東村氏が目指すのは、「優れた生産資材と共に、夢のある豊かな農業への架け橋」です。
現在、育苗を中心に農業資材を高知県下一円に販売しており、日本の農業が明るい未来を実現できる可能性を追求しながらも、地元高知で育てた苗を高知の農家で使っていただき、県外へ高知の生産物を売り出すために、日夜、高知県内の農家を走り回っています。 
東村氏が倫理と出会ってどのように自分を変えて言ったのか、東村氏の実体験を惜しみなく発表していただきます。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回12月27日(木)のモーニングセミナーは、濱田洋光行政書士事務所 所長 濱田洋光氏(高知市倫理法人会 青年副委員長)より、会員スピーチがありました(参加者総数20名)。
ご出席ありがとうございました。

―――――――


Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ