最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2012年08月

 8月23日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、社会保険労務士手島事務所 前中博雄氏(高知市中央倫理法人会専任幹事)より、『出会ってよかった』をテーマに語っていただきました。



 まずは、中越会長より、「『万人幸福の栞』をはじめから終わりまで毎日読み始めています。若い方の講話の場合、成長していく段階の話が聴けるので楽しみです。すべてピンチはチャンス。眠い一日を乗り越えて、今日も元気で行きましょう。」と力強く挨拶されました。



 続いて、本日の講師である前中博雄氏の登場です。


20120823a.jpg■プロフィール

 前中氏は、社会保険労務士(以下、社労士)として6年半の期間、仕事をされています。前職は、某大手企業でエンジニアをされていました。成果も出して、「社長賞」も受賞していたそうです。

 あるとき、高知で経営者の会に出席して、自分がいかに井の中の蛙であったか、ということを思い知らされたそうです。「地に足をつけた仕事をやりたい」そう思い、一念発起して、社労士の試験を半年間勉強して、見事一回で合格されました。

 現在は、会社経営も順調で、顧問先でのカウンセリングなど、幅広く活躍しています。



 続いて、『万人幸福の栞』の条文にそってお話しされました。以下に、ピックアップして紹介します。



■第四条 人は鏡、万象はわが師

 「私にとって、子供がわが師です。」

 ある時、息子さんがユニフォームを忘れた時のことです。息子さんは、部屋に入るときに一礼、そして退室するときも一礼をしたそうです。それを見た先生が、すごいな、と思っていたら、さらに建物を出るときにも一礼したそうです。それを聴いた前中氏が、息子さんを褒めたところ「おとうさん、いっつもやりゆうやん」と一言。氏はたいへん感動し、息子さんから学びを得られたそうです。



■第五条 夫婦は一対の反射鏡

 「私にとって、女房は一番大切な存在で、全ての大元です。」

 12年前に結婚してから、週に一度はじっくりと話す機会を持ち、仲良く暮らしています。そんな奥様が3年前に、何度も倒れたことがありました。「負担をかけていたなあ」と思い、これからも大切にしていこうと決意したそうです。



■第六条 子は親の心を実演する名優である

 息子さんが一歳半の時、突然不思議なことを語り始めました。

 「真っ暗い中にいくつかの光があった。そのなかで一番楽しそうな光のところに生まれてきたよ。」

 それを聴いた前中氏は、驚くと同時にたいへん感動し、親子の縁の不思議さを感じたそうです。



■己を尊び人に及ぼす

 息子さんに比べると、比較的おとなしい娘さん。お母さんの誕生日に、持っている全てのお金を使ってプレゼントを買ってくれたそうです。

 「お母さんが喜んだら、自分も喜べるし、みんな幸せになる。」

 誰かを喜ばすことを、自分の喜びと思える娘さんを見て感動し、人の喜びを我が喜びとすることの重要性を、娘さんから教えられました。



■まとめ

 前中氏は、「すがすがしく、さわやかな心で実りある豊かな人生を生きる」ということばを人生訓にしています。

 「倫理についても、理屈なしに活かしていきたい。2年ほど、倫理の役職から離れて、倫理を実践していきます。そうすれば普及活動もできるようになると思います。」と、締めくくって頂きました。



 仕事・家族・倫理活動に対して、真摯に向き合う前中氏の講和に、参加者は皆、たいへん感心していました。


20120823c.jpg
 また、早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。



(文責 中宏文)

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

8月30日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

(株)濱田水道工業 代表取締役 濱田誠一

続いていること!

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回8月30日(木)は、(株)濱田水道工業 代表取締役 濱田誠一氏(高知市倫理法人会 研修副委員長)による体験発表となっております。
濱田氏は、管、上下水道、土木、建築(リフォーム)、機械器具(空調・衛生・浄化槽・各種住宅設備)及び福祉用具の販売等、幅広い事業を行っています。
いつも謙虚で温厚な濱田氏。しかし、現在の事業を継続するために、多くの苦難を乗り越えてきたことでしょう。
モーニングセミナーは、経営者の「目からうろこ」の事業体験発表が聞ける唯一の勉強会です。
一歩勇気を出して下さい。多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています(ホテル内の駐車場は無料となっております)。

----------

前回8月23日(木)のモーニングセミナーは、社会保険労務士手島事務所 前中博雄氏より、「出会って良かった」をテーマに講話をいただきました。
ご出席ありがとうございました。18社18名でした。

―――――――


 8月16日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、タイムコンシェル(株) 代表取締役 福島元幸氏(高知市倫理法人会 モーニングセミナー副委員長)より、『新生タイムコンシェル この一年の成果!』をテーマにご自身の実体験を赤裸々に語っていただきました(出席者総数25名)。



20120816b.jpg まずは、中越会長より、3名の新会員等の紹介があり、新たな取り組みとして、「倫理法人会会員証」の贈呈式(入会式)を行いました。
贈呈式に参加された方は、以下のとおりです。
●ハマヲ旗店
  代表 濱尾修司氏(新会員)
● 池田印刷(株) 
  専務 竹島実氏(新会員)
● (株)大進
  取締役 田邑浩一氏(倫理法人会 担当)


20120816a.jpg 「倫理法人会会員証」には、「あなたは企業に倫理を!職場に心を!家庭に愛を!モットーに、経営者の自己革新を図り、企業の繁栄と地域社会に貢献することを目指す会員であることを証します」と書かれています。

 今後、高知市では、新会員の皆様に「倫理法人会会員証」の贈呈式を行っていきます。

 既存の会員で欲しい方がいれば申し出て下さい。ご用意いたします。


 
20120816c.jpg 次に、本日の講師である福島元幸氏の登場です。

 (株)エーエスピー・ジャパンとして10周年を迎えた平成24年6月15日、メイン事業である『タイムコンシェル』に特化すべく社名を変更し、(株)クロスティア(代表取締役 片岡 淳氏)と統合して、タイムコンシェル(株)が誕生しました。



 「タイムコンシェルとは、様々なビジネスシーンで、一番有効と思える情報を一番いい時に通知するソフトウェアの商品名です。特許を取得したことで、この事業に特化すべく社名も同じにしました。」



 「ちょうど一年前、子供たちに"一年間東京に行ってくる"と宣言し、東京都品川区のホテルと契約して330日連泊しました。しかし、一週間に1日高知に帰ってきて頭の切り替えが出来たことは良かったです。家族のありがたさを身にしみて感じました。」



 「東京進出の目的は販路開拓です。タイムコンシェルを様々なソフトウェアと連携し、今までのような請負事業ではなく、メーカーに転換するため、とにかく昼夜問わず企業の集いの場に顔を出しました。同業他社と仲良くし、力を貸してもらうためです。一人では達成できない夢も、協力者がいれば達成できます。」



 「東京は地方出身の方がほとんどです。熱意と情熱があれば、対等に話を聞いてくれます。1年間で1,000回以上、タイムコンシェルのプレゼンをさせていただき、率直な意見や今後の課題を言ってくれました。お返しは、IT業界に貢献することが協力してくれた方への恩返しだと思っています。」



 タイムコンシェル社の経営理念は、"(1)世界に冠たる町工場を目指す。(2)通知分野の卓越したスモールカンパニーを目指す。(3)価値情報の提供により社会に貢献する。"の3つです。



 最後に、「特許を取得したことで、大手企業と同じ土俵の場につけるようになりました。"高知を元気にしたい"という強い想いで専務取締役に就任した片岡氏という強力なパートナーと共に、これからも地域社会に愛される企業、高知から世界に発信できる企業を目指していきます。」と力強く語っていただきました。



 福島氏、片岡氏のますますのご活躍を期待しています。



 モーニングセミナーの後、ホテル日航高知旭ロイヤルの22階にて、福島氏を囲んで朝食会を開催しました。



 早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

20120816d.jpg
20120816e.jpg
20120816f.jpg


(文責 久万田 昌弘)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

8月23日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

社会保険労務士手島事務所 前中博雄

出会って良かった

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回8月23日(木)は、社会保険労務士手島事務所 前中博雄氏(高知市中央倫理法人会 専任幹事)による体験発表となっております。
前中氏が倫理と出会ってどのように変わったのか?ご自身の実体験を惜しみなく発表して頂きます。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回8月16日(木)のモーニングセミナーは、タイムコンシェル(株)代表取締役 福島元幸氏より、「新生タイムコンシェル この一年の成果!」をテーマに講話をいただきました。
ご出席ありがとうございました。19社25名でした。

―――――――


 8月9日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、ボニータ オーナー 岡林 広氏(高知県倫理法人会 会員)より、『感謝のバトンリレー、ひろしは今!』をテーマにご自身の実体験を赤裸々に語っていただきました(出席者総数26名)。



 まずは、中越会長より、「本日は家庭倫理の会員さんがたくさん参加されました。ありがとうございます。昨年9月から会長を拝命し、3年(36ヵ月)の分割で車を買ったと同じです。今月で12ヵ月目となりました。この1年間は、モーニングセミナーのある日は朝4時起き、他の日は朝5時起きになりました。今までより1時間早く会社に出社することで、印刷のミスがなくなりました。人生も変わりました。」と力強く挨拶されました。


20120809b.jpg 次に、本日の講師である岡林広氏の登場です。

 岡林氏は、高知市内で美容室を2店舗(ヘアースペース ボニータ・ヘアーキッチン エルマーナ)経営されており、雑貨屋さんではなく、カフェでもない、アットホームな雰囲気が心地よい、そんな美容室を目指しています。



 現在45歳の岡林氏が倫理と出会ったきっかけは、ご両親が家庭倫理の会で熱心に活動されており、10歳の時から家庭倫理の会に参加するなど、ご両親の影響が大きかったそうです。



 岡林氏は、高知市倫理法人会に3年ほど前に入会されて以来、毎朝、「職場の教養」を使って活力朝礼を実践されています。



 「倫理と出会えて良かったことは、10個あります。妻と出会えたこと、2人の子宝に恵まれたこと、すばらしいスタッフに恵まれたこと、人前に出ることが怖くなくなったこと、何事も前向きに取り組めるようになったこと、感謝の心が増えたこと、性格が明るくなったこと、元の大切さを実感できたこと、気づきが増えたこと、喜んでさせていただく気持ちを持つことができたことです。」



 「東京での修行が終わり、高知に帰ってきてテナントを探しに苦労しました。32件目の12坪の物件に心が動き、梅ヶ辻に本店をオープンしました。2号店は150坪のテナントが見つかり勝負をかけました。」



 「実は、3号店もありましたが、現在はありません。家内が実家に帰っていた時に私が独断で決めた物件だったので、やはり夫婦の心が一つにならないとだめだと実感しました。」



 「35年間倫理を勉強して、倫理は目の前に起こってくることのとらえ方を勉強するものだと思っています。13年前に店舗のリニューアルオープンをしたところ、いやがらせが増えました。なぜなのか、スタッフと夜遅くまで語り合いました。その結果、会社は地域社会に喜ばれるために存在することがわかり、朝の清掃活動で何とか乗り越えることができました。」



 「どんなことが起こっても常に前向きに笑顔を絶やさず、始まりと終わりには、たくさんのすてきな笑顔をお客様に届けたい、その想いで仕事をさせていただいています。」



 最後に、「組織の最小限度は家庭です。私が今、生かされているのは家内のおかげです。夫婦の心が一つにならないと色々なひずみが出てきます。これからも人のために少しでもお役に立てるように理美容業の3代目として、創立80年から100年に向かっていきます。」と力強く語っていただきました。



 岡林氏のますますのご活躍を期待しています。


20120809c.jpg  モーニングセミナーの後、ホテル日航高知旭ロイヤルの22階にて、岡林氏を囲んで朝食会を開催しました。

 早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
(文責 久万田昌弘)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

8月16日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

タイムコンシェル(株) 代表取締役 福島元幸

新生タイムコンシェル この一年の成果!

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回8月16日(木)は、タイムコンシェル(株) 代表取締役 福島元幸氏(高知市倫理法人会 モーニングセミナー副委員長)による体験発表となっております。
(株)エーエスピー・ジャパンとして10周年を迎えた平成24年6月15日、メイン事業である『タイムコンシェル』に特化すべく社名を変更し、(株)クロスティア(代表取締役 片岡淳氏)と統合して、タイムコンシェル(株)が誕生しました。
福島氏は、"高知を元気にしたい"という強い想いで専務取締役に就任した片岡氏という強力なパートナーと共に、ソフトウェアの開発を中心に高付加価値情報の提供により、社会に貢献できる企業、高知から世界に発信できる企業を目指しています。
バイタリティーあふれる福島氏と片岡氏。高知県倫理法人会でも、モーニングセミナー委員長、副委員長として、現在のモーニングセミナーの活性化に多大な功績を残されています。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回8月9日(木)のモーニングセミナーは、ボニータ オーナー 岡林広氏より、「感謝のバトンリレー、ひろしは今!」をテーマに講話をいただきました。
ご出席ありがとうございました。17社26名でした。

―――――――


 8月2日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、社団法人 倫理研究所 中国四国方面長 吉川和儀 氏より、『実践は裏切らない』をテーマに語っていただきました。



 まずは、中越会長より、「会長職を引き受けてまもなく一年です。この一年間で、メリットがないと言って退会された方もいますが、自分を磨かなければ成功はできません。当社は、利益が増えました。自分との戦いに勝ってきたからだと思います。生活習慣を変えて人間改革をすることが重要です。新年度に向けて『いい仲間づくり』をしていきたいです。」と力強く挨拶されました。



 続いて、小笠原泰英事務長による会員スピーチです。小笠原事務長は、新年度から県の副事務長に就任することになっています。

 「5年間に事務長の役を頂き、それ以来、モーニングセミナーには99%参加しています。皆さんに育てられたと思っています。弱音を吐いてしまうかもしれませんが、『吐く』という文字からー(マイナス)を除いたら、『叶う』という文字になり夢が叶います。これからもプラス思考で頑張っていきたいと思います。」と抱負を述べられました。


20120802a.jpg 本日の講師である吉川和儀氏の登場です。吉川氏は、新年度に、中国四国方面長から東海北陸方面のご担当になる予定です。



■明るく朗らかに実践

 吉川氏は、3期にわたり中国四国地方を担当されました。その間、いろんな経営者の方々から学びを得たそうです。

 「経営者の方から生の声を聴かせて頂くのが私の喜びです。倫理の会は、堅苦しいものでも宗教的なものでもなく、足元の身近なところでどういう生活を送るか、ということを大事にしている集まりです。表面だけでなく心も正しくしていく。そうすると成果が表れます。そして実践する際には明るく朗らかに行うことが重要です。『はたらく』とは、人間のすべての営みをあらわします。困難にぶつかっても、何か気付きが得られる、という心で取り組むと良い成果が出るのです。」



■実践する人が増えれば、日本が変わる

 「倫理の会員数が増えるだけでは世の中は変わりません。会社や家庭の中に実践者が増えることによって日本が変わるのです。数合わせで終わってはいけません。日常どんな実践が行われるかが重要です。そして、実践をして成功した、ということを伝えることが究極の実践です。」



■実践者のお話 その1

 香川県の会員様についての不思議なエピソードを紹介して頂きました。その会員様と共に会社を訪ねると、なぜか訪問先の番犬がおとなしくなるそうです。

 「人間は、目に見えない存在感やオーラのようなものを発信していて、そうしたものを動物は察知できるのかもしれません。」

 その会員さんは、昔から、道路で轢かれている犬や猫を見つけると、持ち帰って埋葬しているそうです。そうした行為に裏打ちされて、なにかオーラを発信しているのかもしれない、とのことでした。

 「良きにつけ悪しきにつけ、人間はなにかオーラのようなものを発信しています。そのように発信されたものが影響して、その人自身の目標達成の成否の分かれ目になるのかもしれません。」


20120802b.jpg ■実践者のお話 その2

 続いて、近畿方面にいる会員様のエピソードを紹介して頂きました。その会員様はボランティアで、路上生活者に自立支援のお手伝いをされています。冬場に、寝袋を配布するそうで、その数は年間1000個にのぼるそうです。

 その会員様は、家族を二人亡くしており、自身も心の病に陥りそうになってたところを長男に励まされ、自分自身を持ち直すという体験をされました。回復に向けて病院に通うときに、路上生活者が多いことに気付きました。そして、そうした方々にもご家族がある、ということに思いを馳せ、そうした方々を支援しようと決意されたそうです。

 「その会員様は、毎週金曜日に配布しており、大変ですが、これまで休んだことはないそうです。亡くなった家族が応援してくれているというイメージを持てたから、勤めることができたそうです。」



■まとめ

 「会員の皆様それぞれに立場や背負うものがあると思います。そうした際に、活用できるのが倫理です。私も、困難な時こそ、『万人幸福の栞』を開いて自分を鼓舞させています。明るく朗らかに実践を行っていきましょう。」と締めくくって頂きました。



 会員の数を増やすだけでなく、実践者が増えることが最も重要である、ということを改めて気づかせて頂きました。3年間お世話になりました。ありがとうございます。



 また、早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
20120802c.jpg20120802d.jpg
(文責 中宏文)




 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

8月9日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

ボニータ オーナー 岡林広

感謝のバトンリレー、ひろしは今!

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回8月9日(木)は、ボニータ オーナー 岡林 広氏(高知市倫理法人会 会員)による体験発表となっております。
岡林氏は、高知市内で美容室を2店舗(ヘアースペース ボニータ・ヘアーキッチン エルマーナ)経営されており、雑貨屋さんではなく、カフェでもない、アットホームな雰囲気が心地よい、そんな美容室を目指しています。
【以下、ホームページより抜粋】
ボニータ・エルマーナには、「鍵」となるキーワードがあります。
それは、「感謝」という言葉。
今までも、これからも、受け継ぎ受け継がれていく言葉です。
家庭倫理の会でも活躍されている岡林氏。ご自身の実体験を惜しみなく発表していただきます。きっと"目からうろこ"の体験発表となるでしょう。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回8月2日(木)のモーニングセミナーは、社団法人倫理研究所 中国・四国方面長 吉川和儀氏より、「実践は裏切らない」をテーマに体験発表をいただきました。

ご出席ありがとうございました。15社18名でした。

―――――――


Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ