最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2012年07月

 7月26日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、(有)光栄コンサルタント代表取締役 猪野浩三郎氏(高知東倫理法人会 副専任幹事)より、『実践あるのみ』をテーマに語っていただきました。



 まずは、中越会長より、「30年いっしょに働いた社員の方の葬儀に行ってきました。大変に思い入れのある方でした。告別式には間に合いませんでしたが、ご家族の方々とともにお送りすることができました。あらゆる場面で、一期一会の気持ちで皆様と接していきたいです。」と挨拶されました。


20120726a.jpg 本日の講師である猪野浩三郎氏の登場です。猪野氏は、吾川郡仁淀川町で生まれ、現在は塗装業を経営されています。



■プロフィールと倫理歴

 仁淀川町で高校まで暮らしていた当時、アイデアマンで行動派であるお父様が飲食店を経営されており、猪野氏も調理師になることを勧められていました。しかし、調理師にはならず京都の会社に入社することになりました。京都で貯金をして高知に帰ってからは趣味である車の仕事に就いたそうです。しかし、様々な困難に遭い、20代前半は休みなく働きました。

 25歳の時、後輩に勧められ会社を興しました。「お客様に直接かかわって喜んでもらえるような仕事がしたい。」との思いから、まずは10年頑張ろうと決意しました。設立当初は、大きなクレームを起こしてしまいましたが誠意を尽くして許してもらったそうです。

 倫理に入会したのは昨年の11月。すぐに副専任幹事の役に就きました。



■会社の方針転換

 設立後10年経った時、それまでは仕事を取るために働き、自分の都合で経営しており、また社員とも思いを共有することができてなかった、と感じました。そして今から3年前に思い切って会社を方向転換。屋号を『猪野浩三郎塗装店』にして、服装や態度なども徹底的に変えました。当時の職人さんは皆離れていきましたが、唯一残った社員とともに立て直しを図りました。現場や公民館の周りを掃除したりしていくうちに職人さんのモチベーションも上がっていき、経営も軌道に乗ってきました。

 猪野氏は、「3人の立派な人がいれば、あとは人が集まってくる」と語ります。設立後16年経って、やっと思い描いていた会社のスタイルができ始めたそうです。



■朝礼コンテスト

 モチベーションの上がった職人さん達とともに、なにかもっと一致団結できることはないか?と探していた時に、倫理法人会主催の朝礼コンテストのオファーがありました。職人さん達からも「出ましょう!」と言われて、元気な挨拶と意気込みとで挑んだコンテストは、見事に優勝。現場の士気も上がりました。



■かわらない経営姿勢

 猪野氏は、設立当初から一貫した経営姿勢を持っています。「経営の調子が良い時ほど、昔からのお客様を大事にするべき、といつも職人さんたちに言っています。謙虚に、忠実に、を心がけています。」



 「思いついたらすぐに実行し、また意見も変わるので、社員も苦労してるかもしれませんが、いろいろとやっていてもお客様や社員が喜ぶかどうかを常に考えているから、ついてきてくれるのかもしれません。今後の夢は、47都道府県に進出することです。」と力強く締めくくって頂きました。



 社員やお客様を大事にしつつ、日々実践をしている姿勢に、参加者は皆、感心していました。ありがとうございます。


20120726c.jpg また、早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
(文責 中宏文)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

8月2日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

(社)倫理研究所 中国・四国方面長 吉川和義

実践は裏切らない

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回8月2日(木)は、中国・四国方面長 吉川和儀氏による講話となっております。

いつもほがらかで実直なお人柄の吉川方面長は、残念ですが来期9月より東海・北陸方面の方面長に異動されます。

次回は高知県では最後の講話となりますので、ぜひともご参加下さい。

----------

前回7月26日(木)のモーニングセミナーは、(有)光栄コンサルタント 代表取締役 猪野浩三郎氏より、「実践あるのみ」をテーマに体験発表をいただきました。

ご出席ありがとうございました。21社21名でした。

―――――――


 7月19日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、有限会社ミッキークリーニング代表取締役 松下優氏(宮崎県西都市倫理法人会会長)より、『チャンスは前髪だけに毛がある』をテーマに語っていただきました。



 まずは、中越会長より、「昭和60年に滝口長太郎氏の講演で、『人生は逆転の発想』というお話を聴きました。それ以来、不景気の時には逆転の発想を実践しています。会長職を引き受けて10か月。お手本になるような会長、儲ける会社にならないといけない」と力強く挨拶されました。


20120719e.jpg 次に、三谷昌平氏(高知県青年副委員長)の会員スピーチです。「二人目の子供が間もなく生まれます。奥さんは、一か月くらい前から辛そうですが、その辛さをわかってあげられないので、皿洗いとかのお手伝いをしています。」と家族への実践をお話しされました。「趣味のサーフィンに出かけるときは、翌朝が待ち遠しい。モーニングセミナー(以下MS)の時にも待ち遠しいと感じられるようにしたい。9月からはMS委員長なので、準備力を高めて積極的に取り組んでいきたいです。」と、力強く決意を述べられました。


20120719a.jpg 本日の講師である松下優氏の登場です。松下氏は、宮崎県の中央部西都市という街でクリーニング店を経営されています。



■倫理歴

 入会当初は、MSに行くとき眠くてたまらなかったそうですが、帰りにはスキップしたくなるような気持ちになりました。平成15年に西都市に開設され事務長に任命され、だんだんと倫理が楽しくなってきたそうです。平成17年に専任幹事に就任。その後、県の事務長、幹事長に就任。そして、西都市の会長になりました。

 会長になってからは、絶対に遅刻できないとの思いから、夜中に目が覚めることも頻繁にありました。会員の協力により、だんだんと活気が出てきて、朝5時前には役員が集合するようになったそうです。

 そして、昨年は強いリーダーシップを発揮し分封を行い、30社の単会が105社に成長したそうです。

 「多くの事を学べます。目指すなら会長を目指すべきです。」と語られました。



■失敗談その1

 事務長の頃に県の会議があり、MSの司会進行をやることになりました。普段のMSには毎回参加しているのですが、見るとやるとでは大違いで、結局リハーサルに2時間かかり、大変恥ずかしい思いをしました。このままではいけないと一念発起。MSの進行マニュアルをつくり、自ら司会進行を全て行いました。やがて、MSにも活気が出てきて、会場があかるくなりました。失敗をバネにして克服したのです。



■失敗談その2

 当時の会長の会社にて、社員80名の方々の前で講演会をやることになりました。普段、講和も行っていることから簡単に考えていましたが、MS参加者の目と、社員の方の目は全く異なり、緊張して頭の中が真っ白になったそうです。5分しゃべって後に、何も話すことがなくなり、降壇。負けたと感じたそうです。このままではいけないと、またまた一念発起。練習をして、いろんな場所で講演をやらせてもらいました。「1時間の講演をするなら、5時間から10時間の準備が必要。準備によってその講和の良さが決まります。聞いたことを誰かに伝えるというアウトプットが大事です。」

 これらの体験を通じて、「失敗はどんどん受けていただきたい」と、自信を持って語られました。



■チャンスは来ている

 ご自身の会社の工場を建設した体験から、「チャンスは、たくさん来ています。つかむかつかまないかは、その人次第。つかむだけの握力がないといけません。つかめるかどうかで人生が変わります。」「建物は、きれいにしていないと建物の方から追い出されます。そのような実例も見てきています。」

 チャンスをつかみ、そして逃がさないことが大事であると語って頂きました。


20120719b.jpg■社長の心がけ

 「世の中には様々な社長がいます。ラクで、きれいなところ仕事だけを担当したり、贅沢をしたり、会社を私物化したり。ハインリッヒの法則によると、1つの重大問題の背後には29の小さな問題があり、その背後には300の些細な身近な問題があります。身近なことから対策を講じていくことが重要です。当社では朝礼において、そうしたことを学んでいます。」



■最後に

 「全て、言われたことはハイと受け止め、できるかどうかはそのあとで考えればよいのです。ぜひこれを実践してください。」と素晴らしい笑顔で締めくくって頂きました。



 さまざまな経営の取り組みを行いつつ、社員やお客様を大事にしている姿勢に、参加者は大変感動していました。前日の「経営者の集い」とともに、素晴らしい学びの機会をいただけました。ありがとうございます。


20120719c.jpg また、早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
(文責 中宏文)


 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

7月26日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

(有)光栄コンサルタント 代表取締役 猪野浩三郎

「実践あるのみ」

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回7月26日(木)は、有限会社光栄コンサルタント 代表取締役 猪野 浩三郎氏(高知東倫理法人会 副専任幹事)による体験発表となっております。
【以下、(有)光栄コンサルタントのホームページより抜粋します。】
15年前の平成9年10月、香美市野市町にて創業したのには理由がありました。
それは、一人のお客様との約束でした。
「5年前に知り合いで塗ったけど、すぐいかんなった... まぁ知り合いやき文句も言えんし...」
「猪野さんよ... 塗ってから10年たってまた塗り替えを頼みたいって思うような会社を地元に作ってや!」
この言葉を聞き、野市町でやると決意した瞬間でした。
しかし、当時の私は24歳、「信用・実績ゼロ」あるのは熱意だけ。
そこで、地元でやるにあたって「自分に対して」「お客様に対して」決めごとを作りました。
地元に職人が居て、地元に会社があり、地元でしか工事をしない、地元だから下手な工事をできない環境を作りました。
この気持のまま15年間走ってきました。
お陰様で皆様に選んでいただき香南市・香美市塗り替えリフォーム件数852軒。
沢山のお客様に支えられました。本当に感謝です。
15年前の一人のお父さんの想いを少なからず叶える事ができました。

猪野氏ご自身の実体験を惜しみなく発表していただきます。ぜひ、ご参加下さい。

----------

前回7月19日(木)のモーニングセミナーは、(有)ミッキークリーニング 代表取締役 松下優氏より、「チャンスは前髪だけに毛がある」をテーマに体験発表をいただきました。
ご出席ありがとうございました。22社23名でした。

―――――――


 7月12日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、社団法人倫理研究所法人局 普及事業部 中国四国方面副方面長 山口秀雄氏より、『企業活性化の決め手』をテーマに語っていただきました(出席者総数15名)。

 まずは、中越会長より、「不況と言われているが、今年は伸ばすことができます。昨年と比べて利益も増えて、社員にベースアップを約束しました。印刷業界は、構造的な不況と言われますが、当社はもっと利益をだせる会社を目指しています。身体が不自由な方の講演会を聴いたことから、自分の生活習慣も変え、人格も変わりました。倫理は素晴らしい会であります。」と力強く挨拶されました。

20120712a.jpg
 次に、久万田副会長の会員スピーチです。「中越会長からは、公私ともにお世話になっています。たとえば、電話の際、相手の会社だけでなく担当者名まで伺い、かつ伝える、ということなどを指導いただきました。」「昨日の役員研修で、自分がモノを死蔵させてることに気付きました。モノを活かし大切にする、ということをもう一度実践します。」そして、会長時代の挨拶である「宝の山がいっぱい詰まっているモーニングセミナーで、先行き不透明なこの時代を乗り切っていきましょう。」と、力強く締めくくっていただきました。

 本日の講師である山口秀雄氏の登場です。

20120712b.jpg
 ■得るは捨つるにあり
 「「気付いたらすぐする」ことが物事をし遂げる秘訣である。」とありますように、速行(そっこう)が大事です。「目が覚める」とか「人から言われる」というのは、「気づく」ということであり、気づいた瞬間に行動に出るということが重要です。そして、この会でも空いてる席があると気付いたら、誰かが座るだろう、と思わずに自ら率先して座るべきであり、業界や町内会の集まりなどでも同様に実践すべきです。これは意識すれば出来ることです。」

 ■準備は、いくらやってもやりすぎにはならない
 セミナーが始まる前の役員朝礼において、中越会長よりコンビニ店のエピソードの紹介がありました。新商品を世に出す際には、役員30人全員の同意がなければいけないそうです。そのお話について言及されました。
 「これは相当な努力であり、凄い準備であります。そうした取り組みこそが着実な地位をしめている理由であります。コンビニ店は商品の入れ替わりが相当早い業界ですから、こうした準備を着実に行っているところに、コンビニ業界繁栄の一つの姿があります。これは、どの業界でも同じで、世の中に適応しない限りは生き残れないということです。大きかろうが小さかろうが、小回りがきく方が強いのです。」

 ■商法と商道
 商法とは、商売のしくみややり方のことであり、商道とは、経営理念などのように商売をやるうえでの基本的な考え方のことです。
 「川というものは変わらないが、その流れは常に変わっていますし、顔というものは変わらないが、それを構成する細胞は激しく変化しています。経営の世界にも変わるものと、変わらないものがあります。無常の世の中に対応していくには、商売のしくみややり方を常に工夫し変える必要がありますが、一方で、経営理念などは、ひとたび方向性を決めたら変わらないものであります。倫理法人会の生みの親である滝口長太郎氏は、『打つ手は無限』という言葉を残しました。見方を変えるだけでヒントはたくさんあります。お客様に心が向いてるかどうか、という原理原則は同じです。常にお客様に心を向ける姿勢が大事です。」

 ■最後に
 「何事も、手を抜いたところに感動はありません。(仕事や役割を)受けた以上は、手間暇惜しまずやることが大事です。」と語って頂きました。

 あらためて、「実践」と「思い」の重要さに気づくことができました。

 早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

20120712c.jpg
(文責 中宏文)

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

7月19日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

有限会社ミッキークリーニング 代表取締役 松下優

「チャンスは前髪だけに毛がある」

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回7月19日(木)は、前夜に引き続き、(有)ミッキークリーニング 代表取締役 松下優氏(宮崎県西都市倫理法人会 会長)による体験発表となっております。

多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回7月12日(木)は、中国・四国方面 副方面長 山口秀雄氏より、「企業活性化の決め手」をテーマに講話をいただきました。(参加者総数15名)。

―――――――




 

日時


場所

講師 

テーマ 
会費
問合せ

平成24年7月18日(水)
講演:18:30~19:30 (受付は18:00より)
懇親会:19:30~20:30

高知商工会館

(有)ミッキークリーニング 代表取締役 松下優

「倫理と出合って」
講演・懇親会ともに無料
倫理法人会事務局
TEL088‐878‐7353
FAX088‐878‐7355

----------

7月18日(水)は、有限会社ミッキークリーニング 代表取締役 松下 優(まつしたまさる)氏(宮崎県西都市倫理法人会 会長)の事業体験発表を頂きます。
松下氏が倫理と出合ってどのように変わったのか?ご自身の実体験を赤裸々に語っていただきます。きっと目からうろこの事業体験発表となるでしょう。

―――――――

 

 7月5日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、有限会社想和 代表取締役 大野聖二氏(高知県倫理法人会 幹事長)より、『素直な心で実践』をテーマにご自身の実体験を赤裸々に語っていただきました(出席者総数18名)。

 まずは、中越会長より、「先日、東京に墓参りに行って来ました。高知から朝一番の飛行機に乗りましたが、乗客のみんなの顔に元気がありません。東京では周りがすごいスピードで歩いているので、私も負けずと前を向いて堂々と自信を持って歩きました。人生においても同じことです。常に前を向いて一歩一歩前進していきます。」と力強く挨拶されました。

 次に、本日の講師である大野聖二氏の登場です。
 大野氏は現在、有限会社想和の社長として、LED照明、eco商品機器販売及びコンサル業を中心に県内外を飛び回って活躍されています。

20120705a.jpg 大野氏は、吾川郡仁淀川町の生まれで、男ばかりの3人兄弟の次男です。
 「小学校時代は、学校の敷地の隣に実家がありました。学校の始業の鐘がなってから家を出て、昼休みには家に帰って昼ご飯を食べ、NHKの連続ドラマを見て、また学校に帰るという、とんでもない生活を送っていました。」

 「高校時代は、高知に出てきて兄と一軒家を借りて生活をしていました。幼少の頃から、父に"人の集まる家にすることが大事"を言われていたので、父の教えに従って一軒家はいつも友人でいっぱいでした。時々、私の知らない人まで来ていました。」

 高校卒業後は、金物店、生命保険会社での営業や保険代理店の自営業などの職種を経験し、平成15年に現在の有限会社想和を設立しました。
 倫理法人会には、平成15年5月に税理士の西森博さんから紹介されて入会したそうです。

 入会後は、順調にエリートコースを歩まれ、平成17年9月から高知市中央の専任幹事を3年間、平成20年9月から高知市中央の会長を2年間歴任され、平成22年9月からは高知県倫理法人会の幹事長をされています。

 「倫理の実践の一つとして、平成20年10月21日より全モーニングセミナーに出席しようと軽い気持ちで決めました。様々な困難を乗り越えて、平成22年11月2日の406回目まで続けました。講演記録のノートも10冊あります。」

 406回目でやめた理由は、吉川方面長に倫理指導を受けたことがきっかけだそうです。
 「吉川方面長は、"もう習慣になっているからやめたらどうですか。習慣は実践ではありません。出来ないことにどう取り組むかが実践です。"と言われました。」
 「吉川方面長の言葉を家内に言うと、"だから倫理はいいね"と褒めてくれました。家内の理解があってこそ今の私があります。」

 「406回連続でモーニングセミナーに出席することで、所属の高知市中央倫理法人会以外の単会の方にも私の名前を覚えてもらいました。沢山の人との出会いに感謝しています。」

 最後に、「私は現在、毎朝3時30分に起床し、腹筋を30回やっています。自分が無理なことをやってその結果どうなっているか実験することが本当の実践だと思っています。一つでも継続出来ることがあれば、自分を褒めることが大切です。これからも朝の時間を有効に活用して資格取得にもチャレンジしていきます。」と力強く語っていただきました。

 大野氏のますますのご活躍を期待しています。

 モーニングセミナーの後、ホテル日航高知旭ロイヤルの22階にて、大野氏を囲んで朝食会を開催しました。

 早朝よりご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。20120705c.jpg
(文責 久万田 昌弘)

 

日時

場所

講師

テーマ 

会費

朝食会

7月12日(木) 朝 6:00~7:00

ホテル日航高知旭ロイヤル

(社)倫理研究所 中国・四国方面 副方面長 山口秀雄

企業活性化の決め手

無料

参加自由 個人負担500円(ホテル22階)
いつもより少しだけ早起きして、ぜひご参加下さい。

----------

次回7月12日(木)は、前夜に引き続き、(社)倫理研究所 法人局普及事業部 中国・四国方面 副方面長 山口秀雄氏による講話となっております。
多くの経営者の皆様、社員の皆様、未会員の皆様のご参加を心待ちにしています。

----------

前回7月5日(木)は、有限会社想和 代表取締役 大野聖二氏より、「素直な心で実践」をテーマに体験発表をいただきました。(参加者総数18名)。

―――――――




 

日時



場所

講師
テーマ

問合せ

平成24年7月11日(水)
講演:18:30~19:30 (受付は18:00より)
懇親会:19:45~ 「四季彩食 これっと」
(※懇親会費 お一人様 3,000円)

高知商工会館(会館内 駐車場無料)

社団法人倫理研究所 中国・四国方面 副方面長山口秀雄

20.物を味方につける

倫理法人会事務局
TEL088‐878‐7353
FAX088‐878‐7355

----------

7月11日(水)は、山口秀雄副方面長による幹部研修を開催します。
今回のテーマは、「20.物を味方につける」です。「物は、もともと与えられるもの。したがって、自分勝手に選んで買う物も、すべていただきものである。」(『自分経営の心得』より)
尚、役員でまだ出欠のお返事のされていない方は、事務局へお願いします。
役員以外の方の参加ももちろん大歓迎です。

―――――――

 

Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ