最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2010年05月

『小田 全宏氏 高知に来る!』

6月5日(土) 早朝6:00~7:30 高知商工会館
【次回は300人特別モーニングセミナーです。】
テーマ 「経営力 ~ 今こそ求められる、真の経営とは ~」

 
 次回6月5日(土)は、(株)ルネッサンス・ユニバーシティ 代表取締役 小田全宏氏による300人特別モーニングセミナーとなっております。
 既にチラシにてご案内を差し上げているとおり、高知県倫理法人会主催で開催します。
 入場料が1,000円必要となりますが、高知県での開催は、これが最初で最後となることでしょう。ご参加をお待ちしております。
 なお、6月3日(木)の通常のモーニングセミナーはお休みしますので、6月5日(土)の特別モーニングセミナー(高知商工会館)にご参加下さい。

 

20100526_keiei_tudoi_01.jpg 5月26日(水)の経営者の集いは、高知商工会館にて18:30より、野田ハニー食品工業株式会社 専務取締役 野田やよい氏(徳島県麻植倫理法人会 専任幹事)に「得るは、捨つるにあり」というテーマで体験発表をして頂きました。


 野田氏は、現在まで4回、人生が変わった体験をされています。


 「1回目は、女子高校時代にすばらしい恩師に巡り合い、人生が変わりました。」
 「教育に燃えている新任の先生のおかげで、何でもやればできること、勉強する楽しさを初めて教えていただきました。」
 「それまでの消極的な性格から積極的な性格へと変化することができました。」
 女子高校に進学したきっかけは、父から「鶏口牛後(けいこうぎゅうご)」、牛のしっぽになるよりも鶏の頭になる方が楽しいことを教えてもらい、女子高校に進学されたそうです。


 「2回目は、東京の大学に進学し、ご主人と巡り合い、人生が変わりました。」
 大学卒業と同時に、ご主人の実家のある徳島県吉野川市へ嫁ぎ、15年間農家の嫁として過ごされました。
 「農家のことを全然知らないからお嫁に来れたかもしれません。」


 しかし、昭和62年に事情により母屋を出て分家され、ご主人と一緒に、「体にいい」をキーワードにしたはちみつ、すだちを使った清涼飲料を製造する会社を設立しました。


 平成3年に徳島県倫理法人会に入会。朝早くから出掛けるご主人を不思議に思っていたそうです。


20100526_keiei_tudoi_02.jpg 平成14年に長男が後継者として徳島県に帰ってきて1年後、「さあ、これから」という時、ご主人が余命3ヵ月のガンの宣告を受けました。
 山梨県甲府市の末期ガン専門の病院に入院したとき、待合室に「職場の教養」が置いてあったそうです。
 「倫理に導かれて山梨県まで行ったかもしれません。現在の医学で可能な治療を全て受けましたが、最後は徳島の自宅に帰り、主人の最期を畳の上で看取ることができました。」
 「人間は希望がないと生きていけません。主人は自分がいなくなった後、会社は大丈夫かと心配し、遺言状を残してくれました。」
 「3回目は、平成16年2月にご主人が他界し、人生が変わりました。」


 ご主人が残してくれた遺言状のおかげで、長男への事業継承もスムーズにできたそうです。
 しかし、決して順風満帆ではありません。平成16年10月には、台風により会社水没の被害を受けました。
 「会社水没の被害を受けたとき、2代目社長である長男が決断し、あらゆるものをすべて捨てることが出来ました。」
 「今、振り返ると、大変なことを乗り越えるために水害が起こったと思います。」


 万人幸福の栞「第12条 得るは捨つるにあり」では、"一切をなげうって、捨ててしまう。地位も、名誉も、財産も、生命も、このときどういう結果が生まれるであろうか。"と書かれています。


 「平成21年8月には、台風にて2度目の被害を受けましたが、1回目の会社水没の教訓があったので、被害を最小限に抑えることができました。」


 最後に「4回目は、専任幹事として倫理を実践することで人生が変わりました。一生懸命に働いていたらきっと道は開けます。仕事と倫理で毎日が楽しいです。これからはお返しの人生。社員に任せる勇気を持ち、法人レクチャラーとして自分の体験談を伝えていきます。」と、力強いお言葉をいただきました。


 講演の後は、野田氏を囲んで懇親会を開催しました。新入会員さんも3名参加されて、講演の感想や自己紹介で盛り上がりました。高知市のメンバーは、雄弁ぞろいです。
 ご協力ありがとうございました。


文責 久万田 昌弘


≪経営者の集いのご案内≫

 様々な業種の経営者、社員等が学び、語り合う大切な機会を高知市倫理法人会が提供します。
 5月26日(水)は、徳島県吉野川市にて飲料、みつばち関連商品の製造・販売会社を経営されている野田やよい氏を講師として招き、事業体験発表をしていただきます。
 成功談・失敗談等、他業種の経営者の生の声を聴くことが出来ます。
 また、講演会のあとには懇親会(無料)がありますので交流を深めて下さい。
 尚、まだ出欠のお返事のされていない方は、準備の都合上、5月25日(火)までにお返事を頂けたら幸いです。

平成22年5月26日(水)高知商工会館(会館内 駐車場無料)

講演  18:30~19:30 (受付18:00より)

講師:
  野田ハニー食品工業(株) 専務取締役 野田やよい
  徳島県麻植倫理法人会 専任幹事            

演題:  「得るは捨つるにあり」
懇親会
  19:30~20:30(無料)

お問い合わせ:高知県倫理法人会
TEL 088-878-7353  FAX088-878-7355


【次回モーニングセミナーのご案内】

平成22年5月27日(木)ホテル日航高知旭ロイヤル(ホテル内 駐車場無料)

講演  朝6:00~7:00 (受付5:30より)
※当日の朝、受付をさせて頂きますので、どなた様でもご参加出来ます。

講師:
  野田ハニー食品工業(株) 専務取締役 野田やよい
  徳島県麻植倫理法人会 専任幹事

演題:  「しあわせとは?」
朝食会
  7:05~8:00(ホテルのバイキング 参加自由 自己負担700円)


20100520_ms_01.jpg 5月20日(木)の高知県倫理法人会 25周年記念 合同モーニングセミナーは、三翠園にて朝6:00より開催しました(参加者総数48名)。 
前日の長時間にわたる25周年記念式典、講演会、祝賀会にもかかわらず、早朝より、たくさんの方に参加して頂きました。本当にありがとうございました。


高知県倫理法人会の西森義信会長の挨拶のあと、高知市倫理法人会の久万田昌弘会長、沖縄県倫理法人会の比嘉八重子法人SV、千葉県倫理法人会の村山勝己副会長の会員スピーチを頂き、引き続き(社)倫理研究所 中国四国方面長 吉川和儀氏に「虎は風を起こす」というテーマで講和を頂きました。



20100520_ms_02.jpg 倫理カルタの「虎は風を起こす」では、"風が起ったときに、虎がほえるのではない。竹林に身構えて、ウォーと一声うなると、その意気は、風をまき起し、天地を動かす。じっとすっこんでいては、だれも相手をしてくれぬ。思い切って、カンゼンと起って仕事にかかると、家族も、友人も、知人も皆助けてくれる。断じて行えば、環境も変り、時勢も動くのである。"と説明しています。


 「苦難があることによって、行動が変わり、心の目、心境が変わっていきます。苦難とは、入口として気づかせてくれる情報です。」
 
「結果を想定しての実践ではありません。すなおな気持ちで実践することで、結果として環境も変わり、時勢も動いてきます。」と力強く言われました。


起こることすべて、自分自身が招いています。
こうしようと決意すると、そのとおり周りの状況が変わってくるものです。


文責 久万田 昌弘


 



20100513_ms_01.jpg 5月13日 第340回モーニングセミナーは 万人幸福の栞勉強会でした。
 第9条 約束を違えれば己の幸いを捨て、他人の福を奪う 「破約失福」


 約束を守るということは、子どもの頃からよく言い聞かされてきました。「人に迷惑をかけるからね、と」 
20100513_ms_02.jpg 約束きめごとには二つあるのだそうです。
 一つは、大自然のきめごと。もう一つが人の決めたきめごと。
 どんな小さなきめごとでも守らないと、自分も他人も不幸にする。必ずそうなるのです。破約の末にできた金銭財産は身につかないで、その人を家族を不幸にしてしまうという恐ろしいものです。
 また、人がつくったきめごとも同じです。きめごとを破ったほうが必ず責めを負うことになる、ということを意識していたいものです。


自分で約束を破ると



● 他人から約束を破られます。
● 一貫した実践力を失い無責任な人間になります。
● 次第に嘘をつく性癖が強くなります。
● 多く七八分までいって崩れる。
● 信用されなくなり人間失格の烙印を押されてしまいます。


 自分との約束も同じです。守りにくいものですが、覚悟を決め、決心するということは天との約束だそうです。
 自分との約束を忠実に守り、幸せをつかみたいものです。


 是非皆さんも、モーニングセミナーで、万人幸福の栞をじっくりと学んでみませんか。次回も多くの方々のご参加をお待ちしております。


文責 藤田 和彦



20100513_ms_05.jpg


こんにちは! 5月19日水曜日は
「高知県倫理法人会 設立25周年記念式典」の日です。
ご参加をお待ちしております。

 昭和60年5月19日に四国で初めての倫理法人会が高知県で誕生し、早25年となりました。一口に25年と言いますが、歴代会長、役員の大変なご尽力により、今や高知県を代表する組織になったと言っても過言ではありません。
 時代は倫理経営を求めています。厳しい経営環境の今こそ、真に実力のある人、実力のある組織、実力のある企業が底力を見せるときです。
 多くの倫友の皆様との交流の場、情報交換の場としてご活用下さい。
 尚、まだ出欠のお返事のされていない方は、準備の都合上、5月18日(火)午前中までにお返事を頂けたらうれしいです。

 平成22年5月19日(水) 三翠園  会費8,000円

  記念式典 17:20~18:20 (受付16:50より)
  講 演 会 18:30~19:30  高知県知事 尾﨑正直氏を迎え記念講演会
  テーマ
   「果敢に挑戦!産業振興計画・教育振興基本計画・日本一の健康長寿県づくり」
  懇 親 会 19:40~

 お問い合わせ:事務局 TEL 088-878-7353 FAX088-878-7355
 


《5月20日木曜日の朝は「モーニングセミナー」の日です!》

平成22年5月20日(木) 三翠園

講 演 会 朝6:00~7:00 (受付 朝5:30より)       
講   師 (社)倫理研究所 中国・四国方面長 吉川和儀
演   題 「虎は風を起こす」

5月20日木曜日は、三翠園にて合同モーニングセミナーを開催します。開催場所をお間違えない様にお願いします。
※ お車でお越しの方は、三翠園(無料)又は鷹匠町白洋パーキング(有料)をご利用下さい。

 

【次回のモーニングセミナーのご案内】

5月13日(木) 朝6:00~7:00 ホテル日航高知旭ロイヤル

―「万人幸福の栞」DVD研修に参加を !―

第9条「破約失福」約束を違えれば己の幸を捨て人の福を奪う

 次回のモーニングセミナーは、「万人幸福の栞」のDVD研修となっております。
 倫理研究所発行のDVDは、純粋倫理の基本である「万人幸福の栞」の内容をさらに深く掘り下げ、経営者の実践力を高めていただくために制作されたものです。

 第9条「破約失福」では、「大自然のきまりや人間同士できめた約束を破ると、破った人が不幸になる。人間同士の約束の場合は、破った方だけでなく、破られた相手の方も不幸になる。そういうものであるから、約束したことは破ってはならない...」の意味が簡潔に説かれています。

 


20100506_ms_01.jpg 5月6日(木)のモーニングセミナーは、ホテル日航高知旭ロイヤルにて朝6:00より、有限会社想和 代表取締役 大野 聖二氏(高知市中央倫理法人会 会長)に「純情(すなお)な心で実践」というテーマで体験発表を頂きました(参加者総数16名)。


 大野氏は、高知県高岡郡仁淀村長者(現 吾川郡仁淀川町)出身。幼い時から挨拶をすること、玄関の履物をそろえること、家の手伝いをすること、常に笑顔で人と接すること、出された物は全部食べること等を両親から教わり、習慣として身についていたそうです。



20100506_ms_02.jpg 金物店の営業や生命保険の代理店経営など経験し、平成15年に現在の会社を設立し、同時に倫理法人会にも入会しました。


 現在、高知市中央倫理法人会の会長としてリーダーシップを発揮し、常に先頭に立ち、役員さんを引っ張っています。また、九州・四国アイランドリーグの非常勤審判員もされ、各方面で活躍されています。


 大野氏は、平成20年12月21日の高知西倫理法人会のモーニングセミナーへの参加から数えて、今回300回連続出席を達成されました。


 「最初は、"続ける"ことはどんなことだろうと思い、とりあえず、100回連続出席を達成しようと軽い気持ちで参加し続けました。」
 「本日300回目となり、続けて良かったことは、早起きの習慣が出来ました。夜10時に不安材料が出てきても何も出来ません。それだったら、朝、早起きして今日出来ることを考えようと気持ちを切り替えることが出来ました。」


 毎回、モーニングセミナーの記録をノートに書いているそうです。
「たくさんの人との出会いがあり、貴重なお話が週4回も聞けます。月1万円の会費を参加回数で割ったら1回あたりの単価は安いものです。」


20100506_ms_03.jpg 「とりあえず100日実践をしようと決意したら、いつの間にか300回となりました。300回連続出席の次は何をしようか考えるときがありますが、これからも今までどおり、何事もたんたんと純情(すなお)な心で実践していきます。」と力強く言われました。


 一口に300回と言いますが、昨今の厳しい経営環境の中、早朝のモーニングセミナーへの連続出席は、余程の強い信念、精神力がなければできません。
改めて、大野氏の器の大きさ、そして穏やかな表情の中にもキラッと光る人柄を感じることが出来ました。
 これからもチャレンジ精神で頑張って下さい。


文責 久万田 昌弘


 



20100506_ms_04.jpg モーニングセミナーの後、ホテル日航高知旭ロイヤルの22階にて、大野氏を交えて朝食会を開催しました(参加者総数7名)。
 連休明けの大変お忙しい中、最後まで残っていただき、ありがとうございました。


 



20100422_ms_01.jpg 4月22日 第338回モーニングセミナーは『妻への感謝』と題して、大阪府倫理法人会副会長 魚野文雄(株式会社アートリメイク代表取締役)氏にお話をいただきました。


 船大工の町で生まれた魚野さん。学生時代は野球をしていたけれど、団体生活が苦しくなって、個人競技のスキーにはまり、就職先もスキーができる会社を選んだほどです。現在もスキーを続けていらっしゃるそうです。

20100422_ms_03.jpg わがままな自分を反省しながらも、親の徳積で生きてこられたと、感謝の気持ちは忘れないそうです。
 うまくいっているときには感謝を思うことも少ないもので、感謝を思い出すために苦難が来るものだと感じているそうです。


 24歳で結婚し、43歳で社長と意見が合わなくなり、反発心から別会社を作って独立。しかし、職人さんの事故で2年間労災のお世話になり、また、娘さんがおばあさんをけがさせてしまい、保険で助かったものの、その後始末もすべて、奥さんがやってくれたそうです。
20100422_ms_02.jpg 一人で苦労しているつもりだったけど、奥さんに助けられていたこと、多くの人の支援があったことを分かるようになったそうです。


 倫理法人会での指導から、奥さんへの感謝の気持ちを100項目書き出すことをはじめたそうです。最初、20項目ほどはスムーズに書けたそうですが、そこからなかなかかけなかったそうです。でも100項目書き終えて本当に奥様への感謝ができるようになったそうです。
 是非皆さんも、妻へそして夫への感謝の100項目を書き出してみてはいかがですか。


文責 藤田 和彦



20100422_ms_04.jpg


Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ