最新情報:高知市倫理法人会が主催、もしくは関わりのあるセミナーや講演会のご紹介や報告など最新情報を随時アップいたします。

2009年09月


ms090924-1.jpg9月24日のモーニングセミナーは、万人幸福の栞DVD勉強会でした。今日は第4章「万象我師(バンショウワガシ)でした。
高知市倫理法人会では、創始者:丸山敏雄の発見した倫理を深く学ぶために毎月1回は、必ず「万人幸福の栞」をDVDで学んでいます。
万人幸福の栞とは何かを、是非ご一緒に学んでみませんか。


いつものとおり、DVDがはじまりますと、「それでは上着を取らせていただきます」と講師の川﨑先生が上着を脱いで、「人は鏡、万象はわが師」を思い知らされた先生ご自身の体験から講義がはじまりました。


この第4条は、純粋倫理の根本をなす「全一統体の原理」に関するところです。


ms090924-3.jpg「全一統体の原理」とは
「人間的な目で見ると、すべてのものは、人間も動植物も、物質も、あらゆる現象も、別々の存在に見える(顕界:目に見える世界) しかし、目に見えない絆(きずな)によってすべてのものは結ばれている。そして宇宙大生命というひとつの大きな力(幽界:目に見えない世界)によって統一され統括されている。この宇宙の法則を全一統体の原理といいます。


自分の心と身体は相互に強い力で影響し合っています。
自分の心と周囲の人との関係は、相手は自分の心が写った鏡である。
自分の心とすべての物も、物を扱い接する人の心と一如である。
自分の心と周りの環境も、思いのとおりに良くも、悪くも環境がそのとおりに動いていく、のだそうです。



ms090924-2.jpgあなたが相手を改めさせようとか、変えようとすれば、相手もあなたを改めさせよう、変えようという心になり、いよいよこじれていくのです。そして、これは人間関係だけでなくあらゆる動植物や現象にも通じてくるのだそうです。


だから、大自然を先生として生きるのが、最上の道なのです。
「太上は天を師とし、其次は人を師とし、其次は経を師とす。」(言志録)
これは学ぶ順序を示しており、最上の学び(太上)が自然を先生とし、次は人、そしてその次が経(本)を師とす、という意味だそうです。


簡単にまとめてしまいましたが、ぜひとも万人幸福の栞を噛みしめて読み、このDVD研修で理解を深めてください。では、次回のDVD研修をお楽しみ!


文責 藤田 和彦


 
ms090924-4.jpg


【次回のモーニングセミナーのご案内】

10月1日(木) 朝6:00~7:00 ホテル日航高知旭ロイヤル

(株)土佐龍 代表取締役 池 龍昇氏

テーマ「13年間、高知市倫理法人会にお世話になって」

次回10月1日(木)のモーニングセミナーは、(株)土佐龍 池 龍昇氏による事業体験発表となっております。お見逃しなく!

高知県は良質の「ひのき」が産出される全国でも有数の地です。(株)土佐龍は、その利を活かし「四万十ひのき」の間伐材や端材を利用した家庭用品を制作している工房です。
ぜひとも参加されて、波乱万丈の人生を送ってきた池龍昇氏が「倫理」に出会ってどのように変わったのかじっくりと聴きましょう。
そして、どんな環境でも常に明るく前向きに、勝ち組企業として生き抜くための数多くのヒントをつかんで下さい。

 

 拝啓、会員企業様におかれましては、益々ご盛栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、今年も恒例の高知市倫理ゴルフコンペを開催します。ロケーション抜群のスカイ・ベイゴルフクラブにて倫友と共に楽しいゴルフをしましょう。
 お仕事もお忙しいこととは存じますが、身体を鍛えてこそ、仕事も出来ます!
 あなたの11月の運勢はスカイ・ベイでゴルフをすれば、大吉!!
 11月は予定がたくさんあるかと思いますが、奮ってご参加ください。
敬具
日  時
平成21年11月7日 土曜日
〔集合〕午前8時00分   〔スタート〕午前8時32分~
場  所
スカイ・ベイゴルフクラブ
須崎市浦ノ内福良348-2  TEL 088-856-2612
会  費
3,000円(お一人様)
競技は、ダブルペリア方式にて、ローカルルール、6インチ可にて行います。
競技のあと、コンペルームにて表彰式を開催します。ワンドリンクサービス。

 

※尚、ご参加の連絡は、準備の都合上10月16日(金)までに事務局までFAXにてご返信頂きますようお願いします。

FAX (088)878-7355  (TEL 878-7353)

事務局へのFAX返信は、こちらの用紙を印刷してお使いください。
(ゴルフコンペのご案内PDF)


ms090917-1.jpg9月17日のモーニングセミナーは ICUネットコンサル代表 川島 一寛氏により、高知を元気にする講演会「あなたの夢スイッチをONにする2009」を振り返る、をテーマにお話いただきました。
(18社21名)


 ICUネットコンサル(http://www.icu-consul.net/)として独立して2年目。モーニングセミナー委員長の福島さんから誘われて参加したアクティブブレインセミナー(講師は小田全宏(http://www.odazenko.jp/))がきっかけで、今回の講演会「あなたの夢スイッチ・・・」の実行委員長を引き受けることになったそうです。
 アクティブブレインセミナーを受講してまるで背中にロケットエンジンを付けたように自分に自信が持てるようになったそうです。

ms090917-2.jpg 講演会「あなた夢スイッチをONにする」は2008年に福島さんの「小田先生の話を聞いてもらい高知を良くしたい」という熱い思いで開催され、その思いが川島さんに引き継がれ、約60名の実行委員会ではじまりました。
 熱い実行委員の思いで、スムーズに開催できるだろうという予想の中、思いがけなくチケット販売に大苦戦。目標の1200枚が、開催2週間まえで200枚ほどしか販売できていなかったそうです。
 祭にみんなで鏡開きをしようとお酒を持ち寄ったところ、村人たちみんなが「私一人くらい水でも分からないだろう」という思いだったので、鏡開きをしたところ、その樽のなかは水だったという「祭のお酒」という例話を交えて、お互い誰かがやるだろうという気持ちだったのでしょう、と振り返られていました。
 しかし、2週間を残すその頃から実行委員の意識も変わり「自分がやらずに誰がやる」という倫理法人会平成21年度法人局スローガンのように動き始め、結局1200枚以上の販売を達成。
この活動をしていく中で、仕事や家庭においても多くの気づきがあったそうです。自分の思いだけでイベントをすすめることで、従業員のことも疎かとなり仕事にも支障を来たし手締まったそうです。

ms090917-3.jpg 特に開催が迫った大事な時期、重要な商談のため大坂出張の飛行機に乗る間際に電話があったそうです。奥様が病気で倒れたとのことです。商談も中止となるなど、自分のことばかり考えて一人でやっていたことに気づかれたそうです。すべてを大切にしていくことが大事だと思ったそうです。
この講演会を2008年から引き継いで開催したけれど、自分の中に明確な大きな目的を持つ必要があったようだ、と振り返っていらっしゃいました。そして自分に不足しているところに気づけたことは大きな収穫でした、と結んでいただきました。


(感想)1200名を超える人を講演会に呼ぶ。その先頭となって引っ張るリーダー役を誰もが出来るものではないし、そのお役が誰にでも回って来るものでもないと思います。川島さんだからこそ、その役回りが来たのだと思うし、それを素直に受けて実行した川島さんは、他の人に出来なかった川島さんだけの素晴らしい経験ができたんだなと思いました。 お疲れ様でした。ありがとうございました。


文責 藤田 和彦



ms090917-4.jpg 
ms090917-5.jpg


 


【次回のモーニングセミナーのご案内】

9月24日(木) 朝6:00~7:00 ホテル日航高知旭ロイヤル

ー「万人幸福の栞」DVD研修に参加を!ー

第4条「万象(ばんしょう)我師(わがし)」人は鏡、万象はわが師


 次回のモーニングセミナーは、「万人幸福の栞」のDVD研修となっております。
 倫理研究所発行のDVDは、純粋倫理の基本である「万人幸福の栞」の内容をさらに深く掘り下げ、経営者の実践力を高めていただくために制作されたものです。

 第4条「万象我師」では、「人は鏡」とは、一口に言うと、「人の非に対してまず自分を改めよ」「人を改めさせようとする前にまずおのれを改めよ」ということであり、「万象わが師」とは、「あらゆるものが、よいことを教えてくれている」...という意味が簡潔に説かれています。

 ぜひ参加されて「心をプラスに転換する場」でもあるモーニングセミナーを有効活用して下さい。


≪まず、一歩勇気を出してモーニングセミナーに参加してみて下さい!≫

 忙しい経営者・社員さんにとって朝の活用が成功の鍵を握ります。毎週1回木曜日の早朝に様々な業種の経営者、社員さんが集い、学び合う、高知市倫理法人会の中心的な活動です。
 まず、一歩勇気を出してモーニングセミナーに参加してみて下さい。必ず良くなります。必ずプラス思考になります。参加された方しか分りません。

●日時:毎週木曜日
 ・モーニングセミナー  朝6時00分~7時00分
 ・朝食会(参加自由)  朝7時05分~(自己負担700円)

●場所:ホテル日航高知旭ロイヤル2F(ホテル内駐車場無料) 

 

【次回のモーニングセミナーのご案内】

9月17日(木)朝6:00~7:00 ホテル日航高知旭ロイヤル

ICUネットコンサル 川島 一寛氏

テーマ「高知を元気にする講演会2009を振り返る」に参加を!

次回9月17日(木)のモーニングセミナーは、ICUネットコンサル 川島 一寛氏による事業体験発表となっております。お見逃しなく!
川島さんは、ホームページの制作だけではなく、制作した後の運営に力を入れることによって、人を呼び込めるホームページ作りを目指し、独自のビジネスモデルを確立しています。
ぜひとも参加されて、「高知を元気にする講演会2009」の実行委員長としてオレンジホールを1,291名で満杯にした事業体験発表により、どんな環境の時代でも勝ち組企業として生き抜く、数多くのヒントをつかんで下さい。



090910_061806.jpg9月10日のモーニングセミナーは、社団法人倫理研究所より参事 清川百子氏をお迎えし開催しました。(参加者 20社25名)


 ■倫理との出会い
 昭和50年、清川氏は家庭や人間関係において、さまざまな悩みや問題があった。お子様の事では、児童相談所や精神科医師などに相談に行った事もあるが、その時に決まって言われていたのは「ご家庭に問題があるのではないですか?」という事だった。


 ちょうどそのころ、同じような苦労をしていた清川氏の妹が、倫理の学びの場に参加をしだした。初めはその事に否定的だった清川氏も、暗い表情だった妹がだんだんと明るく明朗になり様々な事がうまくいくようになっていく様子をみて、"私も行ってみよう"と思ったのが倫理との出会いのきっかけだったという。



090910_061824.jpg■積善積徳(せきぜんせきとく)
 「本当に人のためになることをやったとき、必ずそれは帰ってくるんですよ。もしかしたら、子供・孫の世代になるかもしれませんけど、良いことをすると必ず帰ってくるんです。」と清川氏は言い切る。まずは(自分自身の)心が変わることが大切。倫理観を持った正しい生き方をすることの効果は、科学的にも証明されてきている。

090910_065051.jpg ここで、清川氏はある詩を紹介した。



心が変わると 行動が変わる
行動が変わると 習慣が変わる
習慣が変わると 人格が変わる
人格が変わると 出会いが変わる
出会いが変わると 運命が変わる


 清川氏は、実体験を通じてそれを実感する事ができたという。



090910_061745.jpg■来たもの総て(すべて)これが良い


 大切なのは、どんな時でも心の持ち方次第で状況は変わるということ。嫌いな人、辛い環境、どうにもならないと思うような状況も、すべては自分自身の心次第である。


 倫理の実践活動を続けていくうちに、清川氏を取り巻く人間関係も家庭も劇的に良くなった。


 「心配しない、思い悩まない、明るく前向きに今できることをやっていく。それが大事なことではないでしょうか」と清川氏は強調した。


文責 川島一寛



20090910_mo.jpg


≪経営者の集いのご案内≫

9月9日(水) 18:30~19:30 高知商工会館 (会館内駐車場無料)

演題「倫理運動の軌跡」

社団法人 倫理研究所 清川百子 参事

様々な業種の経営者、社員等が学び、語り合う大切な機会を高知市倫理法人会が提供します。今回は幹部研修となっていましたが、経営者の集いとして役員以外の一般の会員さんにもご案内を差し上げています。ぜひ、お越し下さい。
また、講演会のあとには懇親会(無料)がありますので交流を深めて下さい。
尚、まだ出欠のお返事のされていない方は、準備の都合上、9月8日(火)までにお返事を頂けたら幸いです。

●講 演 18:30 ~ 19:30 (受付18:00より)

●懇親会 19:30 ~ 20:30 (無料)

お問い合わせ:高知県倫理法人会 TEL 088-878-7353 FAX 088-878-7355

 

【次回モーニングセミナーのご案内】

9月10日(木) 朝6:00~7:00
ホテル日航高知旭ロイヤル
(ホテル内駐車場無料)

演題「来たこと総てこれが良い」

社団法人 倫理研究所 清川百子 参事

当日の朝、受付させて頂きますので、どなた様でもご参加できます。
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

 

 


 9月3日のモーニングセミナーは「我が人生に悔いはなし」をテーマに白土建築工房 代表 白土圭志氏にお話いただきました。(20社32名)


 白土さんは昭和37年福岡のご出身です。お父さんの事業が失敗し倒産。夜逃げ同然で高知へ来られたそうです。不自由のない暮らしをしていた時は、将来はアメリカに渡り、自分の力を試したいと考えていたそうですが、15才のときの、不渡りの電話を受けたときから人生が一変したそうです。



 香川の大工さん(お父さんの友人)のところで住み込みで朝4時から夜12時まで働き、次第に体調も壊していきました。そして自殺も考えたそうです。今日は死のうと思ったときたまたま親方が褒めてくれたりするなど、自殺を思いとどまったことも何度かあったそうです。香川での2年の修行が終わり、高知に帰り、高知でも住み込みで15年働いたそうです。
 その建築屋さんは兼業農家だったそうで、とても家族愛にあふれる職場だったそうです。仕事で問題が起きると、そのおかみさんは、いつも鍋を作ってみんなでつつきながら、団欒の中で疲れを癒してくれたそうです。
ms090903-3.jpg 苦しい時に救ってくれたのは、そのご家族の優しい愛情だったそうです。悩みを聞いてくれたり、おにぎりをつくってくれたりと言う、何気ないことに本当に感謝しているとおっしゃっていました。
 今の職場には9名の職人さんが働いているそうです。職人さんたちは遅くまで働いてくれるそうです。その職人さんたちに早く帰るように行っても、6時からは自分のために勉強しているのです、とがんばってくれるそうです。そして何にもまして、「自分たちはお客様から給料をもらっている」と言うことをとてもよく理解し、行動してくれるので、お客様からもよく褒めていただけるそうです。
 白土さんのモットーは、家の安作りはしない、下請けさんにも一円たりともねぎったりしないそうです。こうしたことから、下請けの方々からも「白土さんの仕事だけは一番大切にする」と言っていただけるそうです。
 また、家は長年住むものなので、将来のアフターサービスを考えると有名な大きな住宅メーカーを希望されることが多々あります。それではと、白土さんは自分の弟子を育てていき、将来はこの弟子たちが私の後を継いで将来のアフターサービスもできることをお伝えするそうです。お客さんの家を訪ねて、私の名刺でなく弟子の名刺を電話の近くに張ってくれているのをみて感激したそうです。
ms090903-2.jpg 県外の仕事も引き受けるようになり、将来の大きな夢は「パリに日本建築を建てる」ことだ、と宣言いただきました。
 一番弟子の野村さんに突然、お話をしていただきましたが、「育てていただいているという思いが伝わり、その思いになんとしても応えたい、家を建てる仕事がおもしろい」とおっしゃっていました。お話を聴きながら、白土さんの本当に暖かく弟子の皆さんへの思いやりが感じられます。この人になら、ついていってもいいなと思える白土さんの人柄に益々惚れてしまいました。
 仕事でのエピソードや職人さんたちにも、是非お話をお聴きしたいですね。
 本当に並大抵の苦労ではないご苦労をされたからこそのあったかいお話でした。
 ありがとうございました。


文責 藤田 和彦



ms090903-5.jpg 
ms090903-6.jpg


Copyright c 高知市倫理法人会. All Rights Reserved. with ICU.

ページ上部へ